やさしくわかる酵素の教科書HOME » たくさんある生酵素の効果・効能

たくさんある生酵素の効果・効能

このカテゴリでは、たくさんある生酵素の効果・効能を調べ、情報をまとめています。

こんなにある!生酵素の効果

生酵素にはさまざまな効果があると言われています。美肌やダイエットといった美容効果、高血糖改善や内臓機能改善に良いとされる健康効果など、生酵素は美容や健康を保つのに役立ちます。

酵素とは?

普酵素とは、私たちの健康な体の維持のために「なくてはならない脇役」と言えます。 その働きは、一言でまとめられるほど簡単ではありません。あえて大きく分類するならば、消化酵素、代謝酵素、食物酵素に分けることができるでしょう。

消化酵素

私たちが食べたものを消化するとき、消化をスムーズにするためのサポート役として働きます。私たちの体の中に、もともと存在している酵素です。

代謝酵素

消化とは異なる様々な働き(呼吸、解毒など)をスムーズにするためのサポート役として働きます。こちらも、私たちの体の中にもともと存在している酵素です。

食物酵素

消化酵素と代謝酵素の働きをスムーズにするためのサポート役として働きます。こちらは体内に存在していない酵素なので、食べ物から摂らなければなりません。

消化酵素と代謝酵素の量は、加齢とともに徐々に減少します。体内で酵素が減ってしまうと、消化や代謝の機能が劣化してしまい、健康にも美容にも様々な悪影響を及ぼしかねません。 これら二つの酵素の減少を補うのが食物酵素、という位置付けで理解しておきましょう。

ところで食物酵素には、厳密に見てみると、「酵素」と「生酵素」の2種類があります。両者の違いは何なのでしょうか?

「酵素」と「生酵素」の違い

一般的な酵素食品に含まれている「酵素」は、通常、加熱処理が施された酵素になります。一方で「生酵素」は、加熱処理が加えられていない酵素を指します。 食物酵素は、60~70℃の熱を加えられると、その働きの大半が失われます。よって加熱処理が加えられた一般的な「酵素」には、食物酵素や代謝酵素をサポートする十分な働きが期待できません。 食物酵素の働きを十分に引き出すには、それが加熱処理されていないものであることが必要。すなわち「生酵素」でなければ、期待するような働きは得られない、ということです。 「酵素」なのか「生酵素」なのか。ここは酵素食品を選ぶ際の大きなポイントとなる部分なので、しっかり押さえておいてください。

使用方法を守ることと酵素の選び方が重要

ネット上では、たまに「酵素は効果がない」という記事を見かけます。そういう記事では「飲んでみた」「安いので試してみた」といったコメントが目立ちます。正しく摂取すること、酵素を正しく選ぶことができれば期待する効果にぐっと近づくはずです。

ダイエット目的で酵素を摂取するのであれば、消化を活性化させるために酵素を摂取している間は食生活も正さないといけません。酵素を摂っても、それを上回る量の食事などをしていればあまり意味がありません。酵素断食のために利用されるドリンクなどであれば、酵素断食のやり方に沿ってダイエットを進める必要があります。付属の冊子や説明をよく読むか、公式HPの案内を見るなどして正しく摂取しましょう。

そして、酵素を摂取してもその酵素が活性化していないものであればあまり効果は見込まれません。加熱処理がされている製品であれば、酵素は死活してしまっておりただのたんぱく質が配合されているだけになってしまっています。もちろん、それでも他の栄養素が含まれており多少の効果は見込めますが、酵素に期待される効果はないと言っても過言ではありません。各製品を見る際には、酵素を活性化させたまま配合できているかどうかをチェックしてみてくださいね。

酵素サプリを選ぶ時に必ず確認するべき4つのポイントはこちら≫≫

生酵素の効果・効能一覧

生酵素はダイエットにピッタリってほんと?

体内に存在する酵素には、消化酵素と代謝酵素の2つがあると説明しました。これらのうち、「消化」という言葉は馴染みがあるので、イメージしやすいと思います。一方で「代謝」という言葉は、分かっているような分かっていないような…、という曖昧な理解の人が少なくないでしょう。

そもそも代謝ってなに?

ダイエットの観点から見た「代謝」とは、簡単に言えば、エネルギーを消費すること。何もしなくても勝手にエネルギーが消費される現象を、基礎代謝と言いますね。一方で、体を動かした時にエネルギーが消費される現象を、生活活動代謝と言います。人の体内で行なわれている代謝の90%は、これら基礎代謝と生活活動代謝で占められています。

酵素が働く順番は「消化が優先、代謝が後回し」

エネルギーを消費する仕組みのことを「代謝」と言うならば、ダイエッターさんたちからみれば、代謝酵素が体内でガンガン働いてくれれば嬉しい話です。 しかし残念なことに、酵素が働く順番は、消化が優先で代謝が後回し。よって体内に酵素が不足すると、その多くが消化に回されてしまうため、代謝が不十分になってしまいます。

生酵素が代謝を助ける

体内に酵素が不足したならば、外部から酵素を摂るしか方法はありません。しかしながら、先に説明したように、普通の酵素食品に含まれる酵素は加熱処理が加えられているため、酵素としての働きは失われています。体内の酵素不足を補うためには、生酵素を摂ることが必要。生酵素を摂って代謝を助けることが、ダイエットを強力にサポートしてくれるのです。

美肌・アンチエイジング

シワやたるみ・シミといった、見た目年齢を引き上げてしまう肌のエイジング現象は、女性にとって大きな悩みの種。高級化粧品やエステ、美容クリニックの若返り施術で数万円~数百万円もの費用をかけるのではなく「ナチュラルに、身体の内側から若返りができる方法はないのかしら?」そんな風に考えている女性にぜひおすすめしたいのが、酵素です。その優れた美肌効果には、要注目です!

酵素を補給することにより、肌細胞のターンオーバーを促します。加えて酵素による抗酸化作用により、肌の老化を遅らせる働きも期待できます。さらに、酵素による便秘解消効果を通じ、乾燥などによる肌荒れを予防する作用も期待できるでしょう。

酵素のアンチエイジングパワーとは?≫≫

生理不順・便秘

酵素には、「生理不順」・「便秘」という女性の2大お悩みを一気に解消するパワーがあります。生理不順の主な原因は「ホルモンバランスの乱れ」。誘発する理由として、栄養不足が挙げられます。外食中心の偏った食事や、ダイエットに伴う無理な食事制限などが、女性機能にも影響を及ぼしてしまうのです。また便秘は美容の大敵であり、体型はもちろん、お肌の調子など審美的な側面からも女性を悩ませています。体の内側からイキイキと美しく生まれ変わりたい方は、ぜひ酵素の力を借りましょう。

生理不順や便秘などの背景に、エストロゲン(女性ホルモンの一種)の不足が潜んでいる可能性があります。酵素はエストロゲンを生成する際に不可欠な成分。酵素が女性ホルモンのバランスを整え、生理不順や便秘などのお悩みが解消する可能性があるでしょう。

酵素が生理不順・めまい・便秘に効く理由≫≫

更年期障害

40~50代の女性を悩ます、更年期障害。閉経前後の10年間に症状が出始め、ほてり・のぼせ・肩こり・しびれなど、体症状を引き起こすだけではなく、イライラやうつなど、メンタル面でも悪影響を及ぼします。この時期には、積極的に酵素を摂取するのがおすすめ。その理由を調べていますので、今すぐチェックしてください。

更年期障害の原因は、更年期におけるエストロゲン(女性ホルモン)の急激な減少。酵素にはエストロゲンの分泌を活性化させる働きがあるため、摂取することでホルモンバランスが調整され、更年期障害の各種症状が軽くなる可能性があります。

ホルモンバランスを整える酵素の力≫≫

白髪

白髪があると、見た目年齢を大きく引き上げてしまいます。白髪には「酵素不足」が大きく影響している、という事実をご存知でしょうか。「白髪なんて気にすることない」で片づける前に、頭髪が発しているSOSサインを見逃さず、酵素を取り入れていつまでも若々しい毎日を送っていきましょう。

髪の毛を黒くしているのは、毛髪の根元付近にあるメラノサイトという組織。酵素にはメラノサイトを活性化させる働きがあるため、摂取することで白髪の予防効果が期待できます。

白髪は酵素不足が原因?≫≫

メタボ

「脂質異常症」と健康診断で診断される人が増えています。血中に中性脂肪が増え、悪玉コレステロールを十分に排除できなくなった結果、血液はドロドロになり、血管の状態が悪くなりかかっているのです。放置するとメタボ体型になりやすくなるのはもちろん、動脈硬化が進行し、脳出血や心筋梗塞など、生命を脅かす大病の直接的な原因ともなりかねませんよ。

酵素が持つ大きな働きは、消化機能と代謝機能のアップ。これらのうち代謝機能のアップは効率的なエネルギー消費活動を導くため、内臓脂肪などの燃焼を力強くサポートしてくれるでしょう。

そのため、メタボ改善のサポート役には、酵素が一番!男性の方も要注目です。

酵素でメタボを改善できる理由≫≫

アレルギー

アトピー性皮膚炎や花粉症など、日常生活に支障をきたす体のアレルギー反応。アレルギー反応が生じる大きな原因の一つが、腸内環境の乱れ。酵素を摂取することで腸内環境が整えられるため、アレルギー反応による症状を軽減させてくれる効果が期待できます。アレルギーに悩む方はぜひご一読ください。

アレルギーには酵素がいい理由≫≫

高血圧

50代以降の半数以上は高血圧を持っているといわれ、その患者数はなんと200万人以上。自覚症状がないままジワジワと悪影響を及ぼし、気づいたときには大病にとなっていくのですから、恐ろしいですよね。高血圧の治療は、医師の指導の下で取り組んでいきますが、メインになるのは食生活の改善。血圧を下げるために、取り入れる栄養素に酵素が良いといわれる理由はなぜなのか。

血液がドロドロになって流れが悪くなると、その血液を押し出すための力(血圧)が余分に必要となり、高血圧を誘発します。酵素には血液をサラサラにして血流を改善させる働きがあるので、結果として高血圧の改善にもつながる可能性があるでしょう。ここでは酵素の血圧を下げるのにいい理由を 詳しく紹介していきます。

酵素が高血圧を改善する?≫≫

高血糖

生活習慣病のひとつで、多くの人を悩ませている糖尿病。とくに「二型糖尿病」は、食生活・運動不足・肥満などが原因です。怖いのは合併症で、目・腎臓・自律神経などの器官に障害が現れてきますので、早め早めの予防改善が肝心。治療にあたり食生活を見直す中で、酵素の摂取は非常に重要です。高血糖に陥る理由の一つが、基礎代謝の低下。酵素を摂取することは、加齢や運動不足などにより低下した基礎代謝の働きを助けるため、血糖値の低下に貢献する可能性があります。高血糖に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

高血糖にアプローチする酵素の力とは≫≫

痛風・リウマチ

痛風やリウマチは、成人病のひとつ。特にリウマチは患者数が多く、全国で70万人以上にものぼるといわれています。いずれの病気も病院で診療を受け、投薬治療を行うだけではなく、食生活の見直しも迫られます。mP>

痛風の原因の一つが、尿酸の排出機能の低下。その背景には血行不良も隠れているため、酵素の摂取によりドロドロ血を改善することで痛風発作が軽減される可能性があります。リウマチの原因は判然としませんが、一説には大腸菌が関係しているとの見解も。酵素には腸内環境を整える働きがあるため、リウマチの症状改善に何らかの作用をもたらす可能性があります。 それぞれの治療にあたり、効果的な食生活の内容を紹介するとともに、酵素の有用性についても情報をまとめていますので、ご一読ください。

痛風にだって酵素がいい理由≫≫

認知症

脳の神経細胞が死滅して、記憶力の低下や、運動・言語障害などを引き起こす、認知症。本人だけでなく、周囲の人にも負担をかけるため、できるだけ予防に努めたいもの。そのひとつとして、酵素の摂取習慣はおすすめ。酵素にはインスリンの分泌促進作用があるため、糖尿病や高血糖の患者には良いとされています。糖尿病や高血糖の人は、アルツハイマー型やレビー小体型の認知症を発症しやすい傾向があるため、酵素には、認知症の間接的な予防効果が期待できると考えられるでしょう。認知症の代表的な種類をまとめつつ、それぞれに働きかける酵素の健康パワーを紹介します。

認知症にアプローチする酵素の力をみる≫≫

腎機能・肝機能の低下

肝臓と腎臓は別の器官ですが、関係は深く、片方に障害があると、もう一方の働きにも影響が出やすくなっています。いずれもできるだけ健康に保っていきたいものですが、それぞれの疾病に対し、酵素が健康パワーを発揮するという情報は本当でしょうか?酵素が持つアルコールやアンモニアの解毒作用、および、代謝機能をアップさせる作用が、腎機能や肝機能の働きをサポートすると考えられています。ここでは、C型肝炎の改善口コミを持つ酵素サプリの情報を併せて、リサーチしていきます。

腎機能・肝機能が気になる酵素パワー≫≫

血管の老化

ドロドロの血液になって血管に負担がかかると、心臓や脳の疾患が発生しやすくなります。20代でも、血液の老化は進行することがあるそうなので、要注意!いわゆるドロドロ血が常態化してしまうと、血管の内壁は徐々に傷つけられて老化が進みます。血管の老化は、脳卒中や心筋梗塞の原因にもなりかねないので十分な注意が必要です。酵素にはドロドロの血をサラサラの血に代える作用があるため、摂取することで血管の老化予防が期待できるでしょう。酵素が持っている「血液サラサラ効果」を認識し、血管の老化を予防・改善するために役立てましょう。

血管にこそ酵素の力≫≫

免疫力の低下

体の免疫力が落ちると、風邪などの病気にかかりやすくなります。また、健康な人の体内でも、毎日5,000~6,000個は発生しているというがん細胞。免疫力が低下すると、がん細胞の活性を取り除けなくなってしまうのです。酵素が持つ代謝促進作用は、体内の免疫力の向上に貢献。摂取することで、癌を始め様々な病気の予防効果が期待できます。小さな病気が大病にならないように、酵素が免疫力をアップさせる理由をまとめてみました。

酵素で免疫力アップ≫≫

生酵素Q&A

生酵素を調べていく内に、メリットがたくさんあるのがわかるのと同時に、様々な疑問点が出てきます。

  • 酵素との違いは何があるのか
  • 本来の酵素と違って何か特別な働きがあるのか
  • どこで変えるのか
  • どちらを買ったほうがいいのか
  • 飲みすぎてしまったらお腹を壊してしまうのか

などなど、調べれば調べるほどたくさんの疑問点が浮かびます。そこで、ここではそんな多くの人が抱いている疑問をQ&A方式でまとめ、わかりやすく解説していきます。生酵素に興味を持ち、わからないことが何かございましたら是非参考になさってください。

生酵素なんでもQ&A≫≫

酵素断食の効果ややり方を覚えよう

一切食事を取らない断食でも、胃が休まるため代謝や免疫力が上がるといった効果があります。そこに酵素を加えると、他にも嬉しい効果がいろいろ得られるためおすすめです。

酵素を摂取しながら行う酵素断食、その具体的な効果や方法、体験談などを紹介します。

酵素断食の効果や方法とは?≫≫

酵素には、こんなにもの効果があります。それは、新陳代謝を促す・血の巡りを正常化するなど、体の働きに酵素の力が欠かせないから。各ページには、より詳しく紹介しているので、酵素の健康パワーについて知識を深めてくださいね!

生酵素の効果的な摂りかたを知っておこう

生酵素を摂る方法

生酵素は、様々な生の食品や、発酵食品などに含まれています。よって、これらの食品を通じて生酵素を摂ることは可能です。 ただし、食事から十分な生酵素を摂るとなると、毎日、とてつもない量の生野菜、発酵食品などを摂らなければならなくなるでしょう。金銭的にも、手間の観点から見ても、とても現実的ではありません。栄養が偏ってしまい、かえって体調不良を招いてしまう恐れもあります。

酵素サプリ・酵素ドリンクを利用するのが現実的

十分な量の生酵素を摂りたいならば、生酵素を含むサプリやドリンクを利用するのが手軽で現実的です。 酵素サプリや酵素ドリンクなら、十分な量の生酵素を摂取できるだけではなく、食品とは違って価格も安定的。長期的かつ計画的に生酵素を摂りたいならば、サプリ・ドリンクの利用をおすすめします。

酵素サプリを飲むベストタイミングは?

酵素サプリを飲むときは食前が一番良いとされています。酵素は「消化」と「代謝」の2つの主な役割があり、どちらの効果を優先させたいかで飲むタイミングが変わってきます。

ダイエットやアンチエイジングには「食前」がベスト。酵素が消化を助け代謝にも効果を発揮します。また、先に飲んでおくことで酵素サプリがお腹の中で食事を待ち受けて、消化吸収を助けてくれるのです。

基礎代謝を上げたいときは「運動前」に。運動すると血流がよくなり代謝が上がります。その代謝を助けてくれるのが酵素です。運動する30分ほど前に飲むようにしましょう。

便秘や二日酔いなどで苦しいときに内臓を労りたいなら「食後/就寝前」。食べ物の消化を助けてくれる働きがあるため、肝臓の働きをサポートしてくれます。肝臓はデトックスのために重要な臓器。肝臓の働きがよくなると、便秘や二日酔い改善に繋がります。

良い酵素サプリを選ぶための4つのポイント

一口に「効果」と言ってもさまざまです。効果の高い商品は、価格も決して安くはないので慎重に選びたいところ。確認できる情報から、自分にあった商品を見極める必要がありますよね。当サイトが効果のある酵素を選ぶ4つのポイントは以下の通り

POINT01. 非加熱酵素かどうか

酵素サプリにはいろいろな種類がありますが、効果的に摂取するには加熱処理をしていないものを選ぶことをおすすめします。というのも、酵素は低温状態では不活性ですが、体内に取り込むことで人の体温まで温められ活性化します。ところが、60度程度の高温になると今度は失活し、再び活性化することはありません。そのため熱処理を加えられた商品ではあまり効果が期待できないのです。酵素サプリを選ぶ際は「非加熱酵素」や「生酵素」と表示されたものを選びましょう

POINT02. 配合成分は十分な量があるか

商品の配合成分にも注目してみましょう。酵素サプリは商品によって酵素の量に違いがあります。購入前に十分な量が含まれているか確認が必要です。また、酵素以外の成分も飲む目的に合わせて調整されているのが特徴。例えば、整腸作用のある乳酸菌を配合している酵素サプリもあれば、ゴマや野菜、果物、海藻など健康食材を取り入れたものもあります。この中から自分が摂取したい栄養が十分に含まれているか、事前に確認しましょう。

POINT03. 研究機関によるエビデンスがあるか

酵素の活性力を実証するために示された研究データも見逃せません。広告や宣伝、口コミだけでなく、大学などの研究機関により証明されたものがあれば確実です。きちんと実験や検証が行われ、その結果を公表している商品なら安心して購入できますね。もちろん効果の出方は人によって差がありますが、少なくとも効果を示す研究データは確認したいものです。購入前にサプリの効果を示す研究データを調べ、酵素の活性力が実証されているものを選びましょう

POINT04. 変化を実感できるか

せっかく酵素サプリを飲むなら変化を実感したいものです。そもそも酵素サプリを飲む目的は何なのでしょう。「ダイエットで体重を減らしたい」「冷えやむくみを改善したい」「アンチエイジングのため」など人によって目的はさまざまです。酵素サプリを飲んで変化を実感できなければ、もっと自分に合ったものに商品を変えてみることをおすすめします。そのためには購入前に商品の特徴や口コミを参考にして、本当に変化を感じられるのか見極めることが大切です。

酵素サプリを飲むなら、本当に効果が実感できるものを選びたいものです。とはいえ、数多くある商品の中からどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そんな時は商品の特徴や配合成分、研究機関によるエビデンスに注目してみましょう。

生酵素で効果が出ないのはどんな人?

生酵素を利用する上で、大前提として理解しておきたいことは、「生酵素は薬ではない」ということです。 生酵素は、万人に効果をもたらす薬ではありません。あくまでも、代謝機能をサポートする脇役としての一成分です。 特に代謝機能が低下していない人や、そもそも代謝機能以外に問題がある人などにおいては、生酵素を飲んでも、何ら効果を実感できない可能性があるでしょう。 その一方で、代謝酵素の不足が原因で美容・健康に問題が生じた人ならば、生酵素を飲むことで何らかの効果を実感できる可能性はあります。

ご自身のお悩みが酵素不足に由来するものなのかどうか、食生活や年齢に照らして、よく自問してみてください。そのうえで生酵素に可能性を見出せるようならば、試しに酵素サプリや酵素ドリンクの利用を検討してみても良いでしょう。

あとは製品による違いを押さえておきましょう。本当に加熱処理のされていない酵素なのかどうか、事前にしっかりチェックをしておく必要があります。そのほか、エビデンスを多数用意できている酵素や、国産の素材をふんだんに使っているものなど、選ぶべきポイントは人それぞれです。このサイトでは、そういった条件を満たす酵素製品を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。