HOME » たくさんある生酵素の効果・効能 » 血管の老化

血管の老化

生命を脅かす大病(脳梗塞や心筋梗塞)予防に、酵素がおすすめの理由を紹介します。

生命を脅かす大病(脳梗塞や心筋梗塞)予防に酵素を!

男性イラスト日本人の死因のトップ3は、がん・心疾患・脳血管疾患です。とくに心臓や脳は、人間の生命活動において最も重要な働きをする器官なので、日ごろから生活習慣に気を配り、負担をかけないようにしなければなりません。

脳や心臓を支障なく働かせるためには、血液を通じて酸素や栄養を滞りなく届けることが重要。しかし、高血圧や肥満などの生活習慣病対策を充分に行わず、血管に負担をかけてドロドロの血液になってしまうと、心臓や脳の疾患が発生しやすくなります。

不健康な血管は、硬くもろくなるだけではなく、内部にも汚れが溜まって血流が悪くなっています。こうした現象を「血管の老化」と呼ばれますが、必ずしも実年齢に比例しないのが怖いところ。20代でも血管の老化現象が進んでいる人がいるのです。

最も怖いのは、血栓。ドロドロの状態からいつしか塊となった血が血流を阻害し、脳や心臓に充分な血液を送り届けることができなくなり、脳梗塞や心筋梗塞の原因になってしまうのです。

血管の回復に酵素をすすめたい理由

硬くもろくなり、内部の血流が悪くなった血管でも、生活習慣を改善することで「しなやかさの回復」を目指すことができます。なかでも重要なのは、食生活の改善。塩分・糖分・脂肪分の多いメニューや加工食品を控え、魚類や野菜中心の食事に置き換えていくことが必要です。

他にもおすすめしたいのは、酵素です。消化吸収を促し、ドロドロの血液を正常化にする働きがあり、野菜や果物に多く含まれます。積極的に食事に取り入れることで、体内の消化酵素量が増加するのです。

【老化した血管にアプローチする酵素のパワー】

消化酵素には、血液中で分解されずドロドロとなった脂肪、コレステロール、糖分を分解し、血液の粘性を下げる働きがある。血液をサラサラにし、血流を改善してくれる。

酵素は熱に弱いので、熱を加えないメニューに工夫する必要があります。また漬け物や味噌、麹などの発酵食品もおすすめ。特に納豆には、血栓溶解酵素「ナットウキナーゼ」が含まれています。

とは言え、食生活改善の努力を毎日続けるのは大変です。そこでおすすめなのが、酵素サプリやドリンク。手軽に「酵素補給」の習慣がつき、血管の老化予防改善を地道に目指すことができますよ。

あなたにピッタリな酵素サプリを診断≫≫