やさしくわかる酵素の教科書HOME » たくさんある生酵素の効果・効能 » 認知症

認知症

このページでは、酵素の認知症に対するアプローチ力についてリサーチしています。

酵素は認知症予防に役立つ!?

「年を取るごとに、物忘れがひどくなった…」、そんな悩みの行く末に立ちはだかるような気がして恐ろしいのが、認知症です。脳の神経細胞が死滅して、記憶力の低下や、運動・言語障害などを引き起こす病気です。

認知症にはいくつかの種類がありますが、以下に代表的な3種類を紹介します。

■アルツハイマー型…認知症の中では最も多く、とくに女性で多くみられる。脳に「アミロイドベータ」や「タウ」と呼ばれる特殊なたんぱく質が溜まることで神経細胞が壊れ、減少していく。神経伝達が妨げられるだけでなく脳の萎縮を招くため、記憶障害・判断能力の低下・見当識障害などの症状が出る。

■レビー小体型…「レビー小体」という、脳の神経細胞に出来る特殊なたんぱく質が、脳幹などに集中することで発症。神経細胞を壊し減少させる為、認知症の症状が起こる。幻覚・錯覚・見当識障害・パーキンソン病に似た震えなどが出る。

■脳血管症型…脳の血管が老化することで血流が妨げられたり、血栓が出来たりして脳細胞に酸素が送られなくなるため、神経細胞が壊死し、認知症が起こる。うつ・抑うつ・まだら認知症の症状が出る。脳梗塞や脳出血の発症後の発生するケースも多い。

認知症予防に酵素をすすめたい理由

認知症は当人にとって恐怖なだけでなく、周囲の人にも負担をかけるため、できるだけ予防に努めたいもの。そのひとつとして、酵素の摂取習慣はおすすめできます。

【認知症予防に役立つ酵素パワー】

■アルツハイマー型・レビー小体型の場合…アルツハイマー型やレビー小体型の場合は、いずれも脳内にたんぱく質が蓄積されることで発症する。健康体の場合、「インスリン」がこれらのたんぱく質分解に役立つが、糖尿病患者はインスリンの分泌が減少しているため、認知症を併発しやすくなっている。酵素には、インスリンの分泌促進作用が期待できる。

■脳血管症型の場合…脳の血管内で血流がスムーズに行われない理由のひとつに「血液のドロドロ化」があげられる。酵素は、血液中で分解されずドロドロとなった脂肪、コレステロール、糖分を分解。血液をサラサラにし、血流を改善してくれる。

酵素にはたんぱく質の分解や新陳代謝を促進してくれる働きがあります。酵素を周期的に摂取することで、血液をサラサラにしてくれるのです。さらに、腸内環境を整えて、腸内の炎症を抑えてくれるため、脳の神経細胞への悪影響が少なくなり認知症の予防に繋がります。

酵素を取り入れるために、酵素が豊富に含まれている野菜や果物を、食事で上手に取り入れましょう。ただし、酵素は熱に弱いため、野菜の場合は生のまま取れるよう工夫したいところ。また、発酵食品にも酵素は含まれているので、漬け物や味噌、納豆などもプラスしてみましょう。

ついつい「今は若いから大丈夫」だと多くの人は思ってしまいがち。ですが、若いうちから予防したほうが認知症は防げるものなので、年齢問わずにぜひ積極的に何かしらの「認知症予防」は取り入れていただきたいものです。

とはいえ、普段の生活から酵素を摂取し続けるのは大変だと思う方が多いはず。このサイトでは無理をしなくても、酵素が手軽に賢く取れる方法を診断形式で紹介しています。

効果の高い酵素サプリをチェック≫≫

安くコスパの高い酵素サプリをチェック≫≫

あなたにピッタリな酵素サプリを診断≫≫