やさしくわかる酵素の教科書HOME » たくさんある生酵素の効果・効能 » 免疫力の低下

免疫力の低下

このページでは、癌予防にも効果的な、酵素の免疫力アップ効果についてリサーチしています。

日本人の死因30%を占める癌

ウィルス誰でも1度は聞いたことがある「癌」。日本人の死因の30%が癌となっています。年間60万人以上に癌が見つかっており、年間30万人が癌でなくなっているというデータがあるのです。この数値から考えると癌になった場合の生存率は半分程度となります。誰にでも起こり得る病気で、発見が遅れてしまうと手遅れになってしまうことも。そうなってしまう前に早期発見早期治療が重要になってきます。

■癌治療の三大療法

癌の治療で主流は、「外科療法」「化学療法」「放射線療法」の3つ。これが「癌の三大療法」と呼ばれているのです。医学の発展により、適切な治療を行なうことで癌を完治させたり、通常の生活に戻ったりすることも可能になってきました。癌になったからと言って、あきらめてはいけません。最新の治療を受けることで、生存率がグンと上がります。

■外科療法

メスを使って腫瘍そのものを切除する外科手術です。もっともイメージしやすい治療法ではないでしょうか。癌は取り残しがあると転移してしまうので、慎重に手術を進める必要があります。一般的には癌腫瘍の周辺の組織やリンパ節を同時に切除していくのです。早期発見ができれば、メスを使わずに内視鏡のみで腫瘍を取り除くこともできます。

■化学療法

抗癌剤を使用して癌を治療するのが化学療法。吐き気や髪の毛が抜けてしまうといった副作用を引き起こすイメージがありますが、抗癌剤の種類によって副作用の強さはさまざま。最近では、癌細胞だけをピンポイントで攻撃してくれる「分子標的薬」や免疫力を上げて癌細胞を死滅させる「免疫療法」などの副作用の比較的少ない治療法も増えつつあるのです。

■放射線療法

癌細胞にX線、γ(ガンマ)線、電子線などの放射線を照射することで治療を行なうのが放射線療法です。身体の外から放射線を照射する「外部照射」や身体の内部から照射する「内部照射」があります。また、最近では放射性物資を放出するカプセルを飲んで治療することも可能。症状によって治療方法を変えていくのです。

癌の治療方法は日進月歩で進んでいます。症状に適した治療方法を選択することも重要ですが、何より重要なのは早期発見・早期治療です。早ければ早いほど、治療に成功する確率が上がります。

癌になってしまう原因とは?

癌が発症する原因としてほぼ明確に分かっているものは、「発癌性物質」「放射線」「紫外線」「電磁波」「一部のウイルスや細菌」「活性酸素」などです。遺伝とは違って、生活習慣の改善や積雪な検査・治療を受けることで、ある程度対処することが可能。癌の原因となってしまうものを意識して避けることで、予防できるかもしれません。ただし、原因が特定できていない癌も存在するので、その点には注意が必要です。

■発癌性物質

名前からもわかるように、発癌性物質には「癌」を引き起こす原因となります。とても危険な物質ですが、身近に多く存在しているのが現状。文明が進歩することによって生まれた化学物質には、多くの発癌性物質を含んでいるものも存在しています。代表的な発癌物質を多く含むのは「タバコ」。タバコの煙には400種類以上の有害物質が含まれており、そのうち60種類は発癌性のあるものだと言われています。喫煙者だけではなく、周りにいる人にも「副流煙」という形で影響を与えてしまうのです。

また、日常的に食べているものにも発癌性物質が含まれている可能性があります。それは、加工食品に多く使われている「食品添加物」。着色料や加工肉に使用される「亜硝酸ナトリウム」や果物に塗られている「防カビ剤」にも発癌性物質が確認されているものもあります。その他にもアスベスト(石綿)や劇薬などの刺激の強い薬品にも発癌性物質が確認されているものも。

人体に影響のない範囲であれば問題ないと言われていますが、人間の身体に蓄積されてしまうので、将来的な影響は未知数と言えるでしょう。

■紫外線と放射線

癌の一因である紫外線と放射線。どちらも目に見えない「電磁波」の一種で、エネルギーが高く波長の短いものほど身体へ悪影響を及ぼします。身体へ過剰に照射されてしまうと気づかないうちに、細胞がダメージを受け「癌細胞」に変化してしまう恐れが。紫外線は、放射線と比べるとエネルギーが低く波長が長いため、皮膚の表面で止まります。そのため、浴びすぎると皮膚癌の原因となってしまうのです。日本人は比較的メラニン色素の多い人種なので紫外線を防ぐことができますが、色白で日焼けをすると皮膚が真っ赤になってしまう人は要注意です。

放射線はエネルギーが高く波長が短いというのが特徴。そのため、皮膚を透過して深部まで到達します。レントゲンや癌治療に使われているのは有名ですが、これは人体に影響のない範囲で出力されているからです。間違って大量の放射線を浴びてしまうと将来癌になるリスクが増す可能性が十分に考えられます。

■ウイルスや細菌

癌といえば、遺伝や生活習慣というイメージが一般的。ですが、癌を引き起こすウイルスや細菌も存在しています。肝炎ウイルスによる肝臓癌、ヒトパピローマウイルスによる子宮頸がん、ヒトT細胞白血病ウイルス1型による成人T細胞白血病などが代表的な癌です。ピロリ菌という細菌に感染すると胃がんになってしまう可能性があります。ピロリ菌に感染してしまうと胃の粘膜が薄くなってしまい癌になりやすい環境に。そのせいで発癌性物質の影響を受けやすくなるのです。井戸水や口径感染が主とされています。

感染をできるかぎり防ぐことで、癌を予防できる可能性が高くなります。

■活性酸素

活性酸素も癌の原因となります。呼吸で摂り入れた酸素の内、2%が活性酸素となって体内へ吸収されるのです。強力な酸化作用のある活性酸素が体中のあらゆるものを酸化させてしまいます。細胞を「老化」させるといっても過言ではありません。その結果、細胞が弱くなり癌の引き金となってしまうのです。人間の身体には抗酸化酵素を生成する機能が備わっていますが、年齢と共にその機能は衰えてしまいます。健康を保つためには日頃から、抗酸化作用のある食べ物を摂取して「酸化対策」を行ないましょう。

癌の初期症状について

癌のなかには「サイレントキラー」と呼ばれるものもあります。静かなる殺し屋という意味で、気づかないうちに症状が進行して、癌だと分かったときには手遅れということも。そうならないためにも初期症状を見逃さず、「おかしい」と感じたら早めに検査を受けることが重要です。ここでは、癌の初期症状についてまとめているので、該当する症状がある場合は、早めに検査を受けることをおすすめします。

■肺癌

  • 1カ月以上、乾いた咳が続く
  • 血痰がでる
  • 咳と一緒に血がでる
  • 胸のあたりに痛みがある
  • 肺炎のような症状(発熱、咳、痰)

肺癌になりやすい人の特徴として、40歳以上、長期間の喫煙歴、COPD(慢性閉塞性肺疾患=肺気腫、慢性気管支炎)、結核にかかったことがある、アスベストに曝(さら)されたことのあるなどが挙げられます。

■胃癌

  • 上腹部に痛みや違和感がある
  • 消化不良を起こしやすい
  • 胸やけしやすい
  • 胃が慢性的に痛む
  • 食後に胃のあたりに痛みがある
  • 食べ物が食道にかかっている感じがする
  • お腹が常に張っている

胃癌になりやすい人の特徴として、50歳以上、長期間の喫煙歴、野菜をあまり食べない、塩分過多の食事が多い、ストレスを感じている、慢性胃炎の発症、胃にポリープがある、ピロリ菌に感染しているなどが挙げられます。

■大腸癌

  • 血便がでる
  • 腹痛
  • お腹が常に張っている
  • 下痢や便秘などが起きている

大腸癌になりやすい人の特徴として、50歳以上、長期間の喫煙歴、飲酒、野菜をあまり食べない、肥満、血縁者に大腸がん・子宮がんなどを発症した人がいるなどが挙げられます。

■肝臓癌

  • 背中の痛みが続く
  • みぞおちあたりの痛みや不快感
  • 上腹部に硬いしこりがある
  • 右肩甲骨周辺の痛みを感じる
  • 手のひらが通常より赤い
  • お腹が常に張っている
  • 食欲がない
  • 体重減少

肝臓癌になりやすい人の特徴として、ウイルス性肝炎を発症している、肝硬変を発症している、飲酒が多い、野菜をあまり食べない、不規則な生活、肥満、運動不足、血縁者に肝臓がんを発症した人がいるなどが挙げられます。

■すい臓癌

  • みぞおちの痛み
  • 腰や背中の痛み
  • 黄疸(皮膚や白目の部分が黄色くなる)
  • 体重減少
  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 糖尿病の病状が悪化

すい臓癌になりやすい人の特徴として、糖尿病、慢性すい炎、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMNという、のうほう性(ふくろ状)の腫瘍)、喫煙、大量飲酒の習慣、家族(親子または兄弟姉妹)にすい臓がんの人がいるなどが挙げられます。

■食道癌

  • 食べ物を上手く飲み込めない
  • 飲み物が喉でかかる感じがする
  • 胸の奥に痛みがある
  • 胸やけ
  • 食べ物を飲み込むと胸の辺りにしみる
  • 声枯れや咳が1カ月以上続く
  • ゲップがよくでる
  • 無症状

食道癌になりやすい人の特徴として、50歳以上、長期喫煙、飲酒、お酒を飲むとすぐ赤くなる、熱いものや冷たいものが好き、野菜をあまり摂らないなどが挙げられます。

■膀胱癌

  • 血尿
  • 排尿障害
  • 排尿時の痛み
  • 膀胱内の痛み
  • 下腹部の腹痛・不快感

膀胱癌になりやすい人の特徴として、70歳以上の男性、長期喫煙、コーヒーを大量に飲むなどが挙げられます。

■乳癌

  • 乳房にしこりや異物感
  • 乳房のひきつり
  • 乳房にむくみや腫れ
  • 乳首から分泌液
  • わきの下にしこりや異物感

乳癌になりやすい人の特徴として、40~50歳代の女性、初潮が早い(11歳以下)、閉経が遅い(55歳以上)、高齢出産、出産経験なし、肥満、野菜をあまり食べない、強いストレスを感じているなどが挙げられます。

■子宮体癌

  • 生理以外の不正出血がある
  • おりものの量が増えた
  • 排尿困難
  • 性行時の痛み
  • 骨盤の痛み

子宮体癌になりやすい人の特徴として、初潮が早い、閉経が50歳以上、月経異常、高血圧、糖尿病を発症しているなどが挙げられます。

■子宮頸癌

  • 生理以外の不正出血がある
  • おりものの量が増えた
  • 性行為により痛みや出血がある
  • 骨盤の痛み

子宮頸癌になりやすい人の特徴として、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染している、長期喫煙、野菜をあまり食べない、飲酒、肥満、出産回数が多い、ピルの使用などが挙げられます。

■卵巣癌

  • 生理以外の不正出血がある
  • おりものの量が増加
  • 下腹部にしこりや違和感
  • お腹が常に張る感じがする
  • お腹にガスがたまりやすい
  • 便通異常

卵巣癌になりやすい人の特徴として、長期喫煙、野菜をあまり食べない、飲酒、閉経後にホルモン療法を受けている、排卵誘発剤の服用、肥満、血縁者に卵巣がんを発症した人がいるなどが挙げられます。

■陰茎癌

  • 排尿時の鈍痛
  • 陰茎部の湿疹

陰茎癌になりやすい人の特徴として、50~60歳代の男性、包茎などが挙げられます。

■胆道癌

  • 腹部の強い痛み
  • 皮膚や白目の部分が黄色くなる
  • お腹が常に張っている
  • 吐き気
  • 発熱
  • 皮膚のかゆみ

胆道癌になりやすい人の特徴として、他の胆道系の病気を発症している、大腸炎を発症している、寄生虫に感染、たばこを長期間吸っている、野菜をあまり食べない、強いストレスを感じているなどが挙げられます。

■喉頭癌

  • 声のかすれや声に変化
  • のどに痛みがある
  • 咳が長く続く
  • 食べ物を飲み込みにくい
  • 耳の奥が痛む

喉頭癌になりやすい人の特徴として、長期喫煙、飲酒、野菜をあまり食べない、強いストレスを感じているなどが挙げられます。

■甲状腺癌

  • 喉の辺りにしこりや異物感
  • 声がよく枯れる
  • 食べ物を飲み込みにくい
  • 飲み物を飲むとむせる

甲状腺癌になりやすい人の特徴として、40歳以上の女性、長期喫煙、血縁者に甲状腺がんを発症した人がいる、放射線治療を受けたことがあるなどが挙げられます。

■腎臓癌

  • 血尿
  • わき腹の痛み・鈍痛がある
  • 腹部のしこり
  • 発熱
  • 体重減少

腎臓癌になりやすい人の特徴として、50歳以上の男性、長期喫煙、鎮痛剤を長期間に渡り服用、人工透析、肥満であるなどが挙げられます。

■頭頸部癌

  • 耳鳴りや頭痛
  • 喉の痛みや異物感
  • 食べ物を飲み込むと痛い
  • 声枯れや声に変化
  • 口の中の出血や腫れ
  • しこりができる

頭頸部癌になりやすい人の特徴として、50~60歳代の男性、長期喫煙、塩分の多い食事が多い、野菜をあまり食べない、熱いものや冷たいものが好き、強いストレスを感じているなどが挙げられます。

■抗腫瘍

  • 骨に痛みを感じる
  • 骨にしこりや腫れがあり
  • 運動をすると骨も痛みが走る

抗腫瘍になりやすい人の特徴として、10~20代の男性などが挙げられます。

■軟部腫瘍

  • 皮膚下の腫れやしこりが徐々に大きくなる
  • しこりが関節の近くに発生すると手足の関節が曲げにくくなることがある)
  • 全身のどこかに痛みやしびれなどを感じる

■白血病

  • 発熱が1週間以上続く
  • 歯ぐきからの出血や鼻血
  • 貧血・めまい
  • 動悸・息切れ
  • 全身の疲労感・体重減少
  • あざができやすい

白血病になりやすい人の特徴として、放射線による被曝を受けたことがある、長期喫煙、野菜をあまり食べない、強いストレスを感じているなどが挙げられます。

■多発性骨髄腫

  • 背中や肋骨などの痛み
  • 骨折しやすい
  • 出血しやすい
  • あざができやすい
  • 高カルシウム血症を発症

多発性骨髄腫になりやすい人の特徴として、高齢である(50歳以上)が挙げられます。

■悪性リンパ腫

  • 首やわき腹、太ももの付け根のリンパ節の腫れ
  • 発熱が1週間以上続く
  • 寝汗をかく
  • 皮膚のかゆみ
  • 体重減少

■皮膚癌

  • 皮膚の痛みやかゆみ
  • 皮膚に腫れがある
  • 皮膚からの出血
  • 皮膚のホクロやあざの形が変化

皮膚癌になりやすい人の特徴として、肌の色が白い、日焼けあしている、日中外にでることが多い、身体にほくろが多い、血縁者に異常なほくろができる病気を発症している人などが挙げられます。

■脳腫瘍

  • 起床時のめまい・頭痛・吐き気
  • 慢性的な頭痛
  • 視界の一部が欠けている又は欠けることがある
  • 視力の低下
  • 片手や片足だけが動かしにくい
  • 頭の重さを感じることが多い
  • 耳鳴りや難聴が起きやすい
  • てんかん・けいれん発作が起きる

脳腫瘍になりやすい人の特徴として、長期間の喫煙、野菜をあまり食べない、強いストレスを感じている、血縁者に脳腫瘍を発症した人がいるなどが挙げられます。

■前立腺癌

  • 排尿障害
  • 排尿回数が増加
  • 腰痛
  • むくみ

前立腺癌になりやすい人の特徴として、50歳以上の男性、野菜をあまり食べない、飲酒、血縁者に前立腺がんを発症した人がいるなどが挙げられます。

■精巣癌

  • 精巣(金玉)の腫れやしこり
  • 下腹部の腹痛・不快感
  • 排尿障害
  • 血尿

卵巣癌になりやすい人の特徴として、20~35歳の男性、長期喫煙、3歳までに精巣が陰嚢に降りてこなかった(停留精巣)、精巣に異常、血縁者に精巣がんを発症した人がいるなどが挙げられます。

癌を予防するために必要なことは?

癌は予防することのできる病気です。原因となる生活習慣を把握し、癌のリスクを避けましょう。「国立がん研究センターがん予防・検診研究センター」が作った「癌を防ぐための新12か条」が、がん研究振興財団から公開されています。これらは、日本人を対象とした疫学調査や妥当な研究方法で明らかとされている証拠を元にしてまとめられたものです。

  1. 喫煙しない
  2. 副流煙を避ける
  3. お酒を飲み過ぎない
  4. バランスのとれた食生活を心がける
  5. 塩辛い食品は控える
  6. 野菜や果物を積極的に摂る
  7. 適度に運動する
  8. 適切な体重を維持
  9. ウイルスや細菌の感染予防と治療
  10. 定期的ながん検診を受ける
  11. 身体の異常に気がついたら、すぐに受診
  12. 正しい癌情報で癌を知る

引用元: 日本対がん協会(http://www.jcancer.jp/about_cancer_and_checkup/がんを防ぐ12か条)

■癌予防に効果的な大豆食品

大豆に含まれるイソフラボンは、血圧やコレステロールを下げる効果があるのは知られていますが、実は癌予防にも効果があるのです。日本人が欧米人よりも「大腸癌」や「子宮体癌」、「前立腺癌」が少ない傾向にあります。

その原因を追究した結果、大豆に含まれるイソフラボンが癌予防効果を発揮することが分かったそうです。イソフラボンの一種である「ダイゼン」「ゲニステイン」は、「エストロゲン」とよく似ていて、摂り入れると癌を抑制してくれる効果があります。豆腐や納豆、味噌汁などの大豆を加工した食品を積極的に食べることで摂取可能。また、ニンジンやカボチャに含まれるβカロテン。トマトやスイカなどに含まれるリコペン。ミカンに含まれるβクリプトキサンチンにも癌予防効果があります。

■癌と酵素の関係

身体の酵素が不足してしまうと免疫力が低下し、病気になりやすくなってしまいます。癌もその中の一つです。酵素が十分であれば、新陳代謝が活発になり、免疫力が上昇します。免疫力が上がれば、癌を抑制できる身体になれるのです。酵素は生きている栄養で、すべての食物の中に含まれているもので、100種類ほど存在しています。酵素は熱に弱く、48度以上になってしまうと簡単に死滅してしまうのです。効率よく酵素を摂取するためには、食べるものを意識して選択しなければなりません。

酵素が含まれる食べ物は、新鮮な野菜・果物・根菜類・発酵食品・海藻類・生魚類・生肉類です。特に新鮮な野菜や果物、根菜類のジュースは酵素が豊富に含まれており、癌を抑える働きが強いとされています。新鮮な酵素を摂ることで、免疫細胞が活発化し癌細胞を強力に攻撃してくれるのです。また、大腸内にいる腸内細菌が食べ物の残りカスをエサにして酵素を生み出します。酵素を効率よく摂りいれるためには、酵素を多く含んでいて、腸内細菌のエサとなる食べ物を選ぶ必要があると言えるでしょう。

免疫力の低下を防ぐ酵素の摂取方法

効率良く酵素を摂取するためには、酵素を多く含んでいる食べ物を積極的に摂取する必要があります。酵素は熱に弱い性質があるので、加熱処理されていない食品の摂取がおすすめ。新鮮な野菜で作ったジュースはもちろん、手軽に食べられる納豆やキムチ、ヨーグルトなどの発酵食品も酵素を豊富に含んでいます。これらを日常的に食べることで、効果的に酵素を身体に摂り入れることが可能。できれば毎日摂取したいものですが、日によっては食べられないこともあるでしょう。そういうときは、酵素に特化しているサプリメントを使ってみてはいかがでしょうか。

酵素は効果的に摂ることが大切

酵素は食事で摂取するのが一番です。しかし、毎日複数の野菜や果物を準備し、調理するのは決して容易なことではありません。

毎日同じものばかりを食べ続けていると飽きてしまいますし、酵素は過熱すると破壊されるため料理のバリエーションを確保するのがとても大変です。頑張って試みたものの、途中で面倒になってしまい酵素の摂取を諦めてしまうことも。そうならないためにも、毎日欠かさず続けられて、効果的に酵素を摂取できる方法を探す必要があります。

酵素は免疫力をアップさせる効果があるのが特徴です。免疫力がアップすると、癌を発症しにくい身体に近づくことができます。効率よく酵素を体内に取り入れる方法を見つけて、健康維持に努めましょう。

効果の高い酵素サプリをチェック≫≫

安くコスパの高い酵素サプリをチェック≫≫