やさしくわかる酵素の教科書HOME » たくさんある生酵素の効果・効能 » 生理不順・便秘

生理不順・便秘

生理不順・めまい・便秘など、酵素を取り入れることで改善される体調不良の種類は多彩です。その詳細を紹介していきますので、ぜひチェックしてください。

月経前症候群にはどんな症状がある?

月経前症候群は通称PMS(Premenstrual Syndrome)とも呼ばれる、生理前の症状。症状の種類は細かく分けると200種類以上にもなります。

月経前症候群の主な症状

精神的な症状 イライラ/落ち込み/憂鬱/落ち着かない/ボーっとする/緊張/怒りっぽくなる/感情を抑えられない/情緒不安定/集中力低下/涙もろくなる/孤独感/判断力の低下
身体的な症状 乳房の腫れや痛み/疲れやすい/だるい/肌荒れ/便秘/頭痛/体重増加/むくむ/不眠/眠気/のぼせる/動悸/関節痛

月経前症候群の症状は多岐にわたり、どれか1つの症状が突出している人もいれば、複数の症状を訴える人もいます。PMSに悩む人それぞれの症状があるのです。

月経前症候群は、自覚の有る無しにかかわらず毎月やってくる悩みとして女性を苦しめています。

精神的な症状では「会う人みんなに腹が立ってしまう」「車の運転が荒くなる」「憂鬱な気持ちが抑えられない」といった声があります。身体的な症状では「毎月便秘になる」「仕事してても眠気がすごい」「胸が張ってブラジャーするのがつらい」などの声が。では、どういった人が月経前症候群になりやすいのでしょうか?

月経前症候群になりやすい人の特徴

月経前症候群になりやすい人には特徴があります。

ストレスを溜めやすい 几帳面である
落ち込みやすい 負けず嫌い
生活リズムが乱れている 自分に厳しい

傾向として、ストレスを溜めやすく発散しにくい人が月経前症候群を発症してしまうようです。生理前になると「何だか体調がすぐれない」「気分が落ち込んだりイライラしたりする」という方は月経前症候群かもしれません。症状が重たい場合は婦人科系のクリニックに行くのが一番ですが、症状が軽く上手くコントロールして日常生活を送ろうと考えているのなら生活リズムや食事を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。手軽にできるところから始めて症状が治まり、改善するようであれば、大きな心配はいらないでしょう。

月経前症候群と生理不順の違い

どちらも月経に関するものなので混同されがちですが、両者は違うものです。月経前症候群は生理前に起こる心や体の不調のことを指し、生理不順は生理そのものの周期や経血の量が安定しないことを指します。どちらも生活リズムやホルモンバランスの乱れなどから起こるとされていますが、日常生活を送れないほどの症状がある場合は早めに婦人科系クリニックに相談してください。1カ月のうちのわずかな期間だからと放っておくと、婦人科系の疾患に繋がってしまうかもしれません。

月経前症候群が起こるメカニズムとは

月経前症候群がなぜ起こるのか、実は確実な原因はまだ分かっていません。しかし、「ホルモンバランスの乱れ」「神経伝達物質の異常」や他の疾患による症状が原因ではないかと考えられています。

ホルモンバランスの乱れ

生理が起こるのはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの作用によるもの。月経前症候群を発症する時期に、この2つのホルモン量はピークから通常時へ一気に量が減ります。この急激な量の変化によって、体や心に不調が出ているのではないかとされているのです。特にプロゲステロン(黄体ホルモン)が減少することで、脳の視床下部に影響が出て、それが体と心の不調となっているのではないかと言われています。

神経伝達物質の低下

幸せ物質とも呼ばれるセロトニンと言う神経伝達物質の分泌量が減るために、月経前症候群のときに「憂鬱になる」「ネガティブになる」といった症状が出るのではないかとされています。セロトニンは脳内や腸内に存在している神経伝達物質。感情のコントロールや衝動・依存を抑制する働きがあるとされているため、不足すると月経前症候群の症状が表れるのではないかと言われています。

その他にもビタミンやミネラルなどの体に必要な栄養が不足している、別の疾患の影響が出ている…など月経前症候群の原因はまだ確定した情報が無いのが実情です。日々の健康に気遣うことで、月経前症候群の症状が改善されるかもしれません。

月経前症候群の改善が期待できる栄養素は?

月経前症候群はホルモンバランスの乱れや栄養不足が原因ではないかと言われています。月経前症候群の症状改善に良いとされる栄養素、良くないとされている栄養素についてまとめました。

◎月経前症候群の症状改善に良い栄養素と食品
ビタミンB6 頭痛や肌荒れ、口内炎を予防・軽減する。
多く含まれる食品:にんにく、マグロ、カツオ、サケ、肉類、バナナ
ビタミンE 抗酸化作用。ホルモンバランスを整える。
多く含まれる食品:ナッツ類、大豆製品、アボカド
カルシウム
ビタミンD
イライラやむくみの解消。2つの栄養素を一緒に摂ると効果的。
多く含まれる食品:乳製品、魚類、ごま、小松菜
マグネシウム イライラや落ち込みの軽減。酵素の働きを助ける。
多く含まれる食品:海藻類、魚介類、ナッツ類、バナナ、大豆製品
カリウム むくみ解消・利尿作用。脱力感や食欲不振の緩和。
多く含まれる食品:野菜、果物、きのこ、アボカド
鉄分 貧血の改善。
多く含まれる食品:レバー、ひじき、ホウレン草、納豆
食物繊維 糖の吸収を穏やかにする。腸内環境を整える。
多く含まれる食品:根菜類、おから、納豆、わかめ、ひじき
×月経前症候群の症状改善に良くない栄養素
脂っぽいもの 生理前はニキビができやすい状態。脂質もまたニキビの原因の1つなので、控えるようにしましょう。
カフェイン 神経過敏になりやすく、イライラの元に。
糖分 血糖値の幅が大きくなると月経前症候群の症状悪化に繋がります。果物などで代用を。
塩分 摂りすぎるとむくみや高血圧の原因に。他の調味料を上手く使い減塩しましょう。

食生活を見直すことで、月経前症候群の改善が期待できます。ただし、ネックなのは栄養素のために好きなメニューが食べられないことや、充分な栄養を摂るためには相当量の食事をしなくてはいけないことです。少しの栄養でも効果が出るようにするには、酵素の力を借りるのがよいでしょう。

酵素の力でホルモンバランスを整える

月経前症候群の予防や改善には栄養を摂りホルモンバランスを整えることが重要ではないかとされています。さらに効果を高めるのが酵素です。生活リズムの見直しといっしょに、食生活の見直しをすることでホルモンバランスを整えることができますよ。

女性ホルモンと酵素の関係

月経に関係しているエストロゲンの生成には酵素が欠かせません。また、ビタミンやミネラルも必要です。エストロゲンは不足しても過剰でも、女性にとっては体調不良の元になります。丁度良い量を保つために食生活を見直し、きちんと栄養や酵素を摂るようにしましょう。

エストロゲン不足は酵素不足かも

エストロゲンが不足しているのは、材料となる酵素が不足しているからかもしれません。エストロゲンは30代を過ぎるころから分泌量が減っていきます。そして、人間の体内で生成される酵素も年齢と共に量が減少。つまり、足りない酵素を補うことは分泌量が減ってきているエストロゲンの量も増やすことに繋がるのです。

エストロゲンが生成されないと、代謝が下がり肥満の原因になります。

エストロゲン
不足の症状
月経前症候群、生理不順、不妊など/肌荒れ/むくみ/イライラ/骨がもろくなる/肥満/血管系の疾患症状 など

エストロゲンが過剰なのは代謝が落ちているのかも

エストロゲンが過剰でも体にとっては不調の元です。本来、増えすぎたエストロゲンは肝臓で分解されるのですが、何らかの影響により肝機能が低下していると、上手く分解が行われずエストロゲン過剰の状態に。酵素は肝機能の改善にも良いとされているので、積極的に摂ることをお勧めします。

また、エストロゲン過剰の主な症状は以下の通り。

エストロゲン
過剰の症状
生理痛がひどくなる/無排卵/偏頭痛/乳腺が張る/子宮筋腫ができやすい/乳がん、子宮がんが発生しやすくなる

ホルモンバランスが崩れれば不調となって表れる

エストロゲンをはじめ、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、心と体の不調となって表れます。ホルモンバランスを整えるために、生活リズムの改善、食生活の見直し、そして足りない酵素の補給をおこなっていきましょう。

ホルモンバランスを整える酵素の上手な摂り方

酵素は食品に含まれています。加熱すると効果が無くなってしまうので、「生」の食材からしか基本摂ることができません。手軽に摂るなら酵素ドリンクやサプリメントを使うのもいいでしょう。酵素が含まれる食品の代表は生野菜やフルーツなど。その他に発酵食品も酵素が豊富です。

外から摂り入れる酵素は、胃の中で体内の酵素を活性化させる働きがあります。酵素を含む食品を積極的に食べることで体内の環境が改善されていきますよ。

しかし、酵素は毎日消費されるため、毎日摂取し続けないといけないため、食事に気を遣う必要が。生の食材を毎日食べるとなると、用意や購入も大変です。発酵食品は賞味期限が長いものですが、沢山の量を食べるのは現実的とは言えませんよね。そうした手間を省くなら、やはり酵素ドリンクやサプリメントで外から酵素を取り込むのがよいでしょう。

酵素をもとにしたドリンクやサプリメントを選ぶときは、加熱処理をしていない「生酵素」のものを選ぶようにしてください。生酵素でない酵素製品は、製造過程で加熱されていることが多く、酵素本来の力が弱まっている可能性があります。せっかく酵素を摂り入れるのなら、効果が高いものを利用しましょう。体内環境が整えば、月経前症候群だけでなく生理不順や便秘の改善も望めるはずです。

生理不順やめまいに酵素を

女性の生理は約28日周期で訪れますが、「生理不順が起こる」という女性ならではの悩みがあります。

女性イメージ画像生理不順の主な原因は「ホルモンバランスの乱れ」。こちらを誘発する理由として、栄養不足があげられます。外食中心の偏った食事や、ダイエットに伴う無理な食事制限などが祟り、女性機能にも影響を及ぼしてしまうのです。

そんな時におすすめしたいのが、酵素です。市販されている酵素サプリやドリンクには、ビタミン・ミネラル類と食物繊維が豊富。急いで体重を落としたい場合でも、栄養を効果的に補給できます。

もちろん、時間をかけてダイエットしたい人にもおすすめ。炭水化物・タンパク質・脂質といった必須栄養素は食生活で摂取しつつ、足りない栄養を手軽に補えます。女性機能へ悪影響を及ぼさず、体型の改善を目指せるので、ダイエットの力強い味方になってくれますよ。

酵素のパワーは、「生理痛」や生理に伴なって起こる「めまい」などの、月経前症候群の緩和にも役立ってくれます。

便秘

酵素ドリンクやサプリで、効果を実感したと声が多いのは「便通」です。酵素の力が、便通へアプローチするのは、なぜなのでしょうか。

それは酵素が、身体機能の中でも「消化」や「代謝」に深く関わっているから。食物を分解し、吸収されやすくなるよう、働いてくれるのです。

酵素はもともと身体にあるものですが、加齢により減少することで知られています。体内の全体量が減ると、代謝(呼吸や解毒など)に回される酵素が多くなって、消化に必要な酵素も減少してしまいがちに…。つまり、酵素不足が慢性的な便秘を招いてしまうのです。

酵素は食物から補うことも可能なので、体内の酵素に頼らず、積極的に摂取していきたいもの。特にサプリメントやドリンクなら、手軽に効率よく体内へ酵素を取り込むことができます。

美容の大敵である便秘解消に役立つのですから、女性向けメディアで酵素が注目される理由も、理解できますね!

女性のお悩みに酵素を

生理不順の大きな原因とされているホルモンバランスを整えるのに、酵素は力を発揮してくれるはず。特に気にしたいのは、分泌量が適量でないとPMSや生理不順の原因となるエストロゲンですね。

エストロゲンが不足すると生理不順になりやすくなると言われています。エストロゲンはイソフラボンが豊富な大豆製品や、モロヘイヤやアボカドといった野菜に含まれるビタミンE、バナナやマグロに含まれているビタミンB6といった栄養素を摂ると増やすことができると言われています。しかし、食品を体内に取り入れただけでは栄養素は上手く使えません。酵素がきちんと消化分解や代謝してくれないと、体は栄養を使うことができないのです。

生理不順に悩んでいて、きちんと栄養も摂っているのにと思う方は、酵素が不足しているのかもしれません。生理不順改善のために、酵素を上手に取り入れましょう!

効果の高い酵素サプリをチェック≫≫

安くコスパの高い酵素サプリをチェック≫≫

あなたにピッタリな酵素サプリを診断≫≫