やさしくわかる酵素の教科書HOME » 酵素とは?基本のキ

酵素とは?基本のキ

「酵素って最近よく目にするけど、一体何が体に良いの?」、「本当のところどうなの?」と気になっている方は、多いのではないでしょうか。

そこで、酵素について知りたい方に、改めて人には聞けない基本情報「酵素の基本のキ」をまとめました。酵素を試す前に、ぜひ参考にしてみてください。

酵素についてアレコレ知りたい!

酵素とは

酵素とはたんぱく質の一種です。おもに3つに分けることができ、消化酵素・代謝酵素・食物酵素が存在します。人間の体内で作られるのは消化酵素と代謝酵素の2つです。食物酵素は食べ物に含まれる酵素で、食物酵素を体内に取り入れると消化酵素・代謝酵素の働きをよりパワーアップしてくれますよ。

酵素の働き

酵素の働きはさまざまですが、食べ物を消化・吸収されやすいように分解して栄養を行き届けやすくします。また、ウイルスや細菌と闘う免疫機能をあげる働きもあるのです。もしも酵素が不足してしまうと、肌の調子が悪くなったり、風邪を引きやすくなったり、身体が疲れやすくなったりします。酵素は身体を元気にする役割を担っているのですね。

人間の身体で作られる酵素の量

人間の身体の中で作られる酵素は「潜在酵素」と呼ばれ、作られる量は年齢によって限りがあるそうです。20代の体内で生成される酵素量が100%だとすると、40代は50%、60代は30%と減少していきます。それらの酵素を補ってくれるのが食事から摂れる酵素です。食事から酵素を補えば体内の酵素量が増えて、健康を維持する働きをします。

酵素不足が及ぼす影響

酵素が不足すると、人間の身体にはさまざまな影響が出てきます。病気がちになったり、身体が疲れやすくなったり、便秘になったりと良くありません。酵素が不足する原因は、食生活の乱れやストレスだと言われています。油っこい食事や塩分の多い食事などを多く摂ると、消化に時間が掛かり酵素が多く使われてしまうのです。酵素が消化に使われると、免疫力や血液循環などに使われる酵素が減ってしまうため、身体に不調が出てきます。

酵素を減少させる食事

ハンバーガーやポテトといったジャンクフード、お湯を入れるだけで食べられるインスタントラーメン、おやつにスナック菓子など手軽に食べられる食品は酵素の働きを鈍くします。また、ステーキやてんぷらといった油を使う食品も消化・吸収に酵素は大量に使われて消費されていくのです。どうしても食べたい場合はよく噛んで食べましょう。

酵素を増やす食事

酵素は生野菜や果物のほか、味噌、納豆、ぬか漬けなどの発酵食品に多く含まれています。また、精製されていない玄米や雑穀などの穀物類も有効。魚介類にも酵素は含まれるので、これらの食品をバランスよく摂ることが大切です。酵素は熱に弱いので、調理の際はなるべく火を通さないようにしましょう。「忙しくて食事が作れない」という人は、普段の食事と共にサプリメントを活用すると良いですね。

酵素が体内で活躍する時間と作られる時間

酵素の働きは時間帯によって異なります。酵素が体内に栄養を補給する時間帯は12:00~20:00。この時間帯に食事を摂ると食べ物を消化・分解しやすくなり、よりスムーズに体内へ栄養を吸収しやすくします。新しい細胞を作り、古い細胞を入れ替えて身体の健康を維持する時間帯が夜の23:00~2:00の間です。この時間帯にしっかりと睡眠をとっておかないと上手に酵素が働きません。また、この時間帯の食事は控えて、身体を作る酵素の働きを助けましょう。

酵素の量を増やすには腸内細菌を増やす

腸内細菌は酵素を分泌する働きがあります。腸内細菌を増やせば、体内の酵素量を増やすことに繋がるのです。腸内細菌を増やすには乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などが含まれた食事を摂ると良いでしょう。ヨーグルトやキムチ、納豆などの発酵食品に腸内細菌の働きを助ける成分が含まれているので積極的に食べると良いですね。

効果のある酵素を知ろう

酵素をうまく体内に取り入れたいなら、生野菜や果物を選んで食べると良いでしょう。また、健康食品を選ぶならサプリメントやペーストのものがおすすめです。酵素は50度以上の熱に弱いため、熱した食材だと酵素の効果が激減してしまうからです。また、大学の研究機関や医療機関で酵素の働きが実証された科学的証明があるものを選ぶと良いですね。

酵素の活性と失活って何?

酵素の活性とは、身体の中にある酵素がさまざまな物質と結びついて、身体機能を高める効果を発揮することです。酵素の活性状態は50度以下の温度で効率的に動きます。しかし、50度以上になると酵素の活性が鈍くなり、思ったような酵素の効果を得られなくなってしまうのです。その状態を失活と呼びます。

うわさの生酵素!

生酵素とは熱を加えられていない酵素のことです。生酵素には腸内環境を整えて便秘を解消したり、血液の循環を良くして冷え性を改善したりと健康に良い効果を期待できます。大根やリンゴ、納豆など身近な食材に生酵素は多く含まれているので朝食や夕食に取り入れると良いですね。大根やリンゴなどはすりおろして食べれば、より酵素を体内へ吸収しやすくなりますよ。バランスの良い食事を毎日準備する余裕のない方は、サプリメントやペーストタイプの健康食品から摂るようにすると良いでしょう。

酵素の種類

酵素の種類は、1つだけではありません。どれくらい種類があって、どのような働きがあるのか、リサーチしました。大きく分けられる酵素の種類の中でも、特に大切な「消化酵素」について、代表する「アミラーゼ」・「プロテアーゼ」・「リパーゼ」を個別に紹介。それぞれが、体にどのように役立ってくれるのかをまとめています。

消化酵素の働きを詳しくみる

酵素が多く含まれる食べ物とは

酵素は、体から分泌されるだけではなく、食品から摂取することもできます。せっかく食品で取り入れるなら、多く含まれているものを選びたいですよね。一体どのような食品に酵素が多く含まれているのか、一覧で掲載していますので、ぜひ食生活改善のためにお役立てくださいね。

酵素が含まれる食べ物を詳しくみる

効果的な酵素の摂取方法について

酵素を多く含む食品を、ただ摂取すれば体に役立つというわけではありません。酵素のパフォーマンスを最大限に発揮してもらうためには、実は摂取方法にいくつかのポイントがあるのです。覚えておきたい情報をまとめていますので、酵素を食事から取り入れたい方は、ぜひ目を通してください。

酵素を効果的に取る方法とは?

【番外】酵素不足をセルフチェック

酵素について知識を深めたいと思っているそこのあなた。まず、自分自身の体に酵素は足りていますか?体の状態を知りたい方必見!あの症状も、実は酵素不足が原因だった?セルフチェック表を用意していますので、今すぐトライしてみてください。不足するとどうなるのか気になる方も必見です。

まずはセルフチェックをしてみる

手作り酵素ドリンクで楽しく酵素を取り入れよう

摂取するのが簡単で毎日続けやすい酵素ドリンク、手作りできるって知っていましたか?酵素を取り入れた食事を毎日作るのは大変ですが、酵素ドリンクなら簡単に摂取できます。

ここでは、基本的な作り方やおすすめのレシピ、実際に自家製酵素ドリンクを飲んでいる方の口コミなどを紹介しています。

酵素ドリンクを手作りする方法

酵素栄養学

酵素栄養学について理論を打ち出した、エドワード・ハウエル氏。彼の唱えた理論や酵素の重要性について詳しく解説しています。酵素栄養学の歴史から酵素の効果や信ぴょう性を詳しく知って、正しい酵素選びの参考にしてください。

酵素栄養学

「酵素の基本のキ」を知ることができたら、あとは実践のみです。毎日の生活の中に酵素を上手に取り入れ、体に優しい健康的な毎日を実現させてくださいね。

酵素とはなにか

「そもそも、酵素ってなに?」と思っている方は多いのではないでしょうか。

そこでまずは、その酵素そのものについて知りましょう。

我々は、様々な食物から栄養を摂取して生きています。そして、摂取してためたエネルギーは代謝によって使用され、体を動かすことができます。手足のみならず、心臓も肺も胃腸も、代謝によって摂取したエネルギーを消費することによって動くのです。

代謝によって、体は様々なことができるようになります。手足をはじめ、呼吸や心臓といった体の様々な部位を動かすことができます。

また、代謝が活発になることで傷や病気の治りも良くなり、不調部分の改善も早くなるのです。

そんな代謝に必要不可欠な存在が、酵素です。

酵素の特徴

酵素の特徴について、もう少し深く掘り下げていきましょう。

酵素は一種類だけではありません

酵素とは、一種類に対し一つの活動しかできません。

例えば、体を動かすための酵素は体を動かす役割しかありませんし、呼吸をするための酵素は呼吸をする役割しか持っていません。体の様々な機能の分だけ、酵素の種類も存在するのです。

現在、確認されている酵素はおよそ3,000種類です。しかし、酵素を大きく分けた場合、主に二種類に分類できます。

一つが、栄養素の消化を行う、「消化酵素」です。これは食物を消化し、体に必要な栄養素に分解させる役割を持っています。デンプンならばブドウ糖、タンパク質ならアミノ酸といった具合に、体に栄養として吸収されるように細かく分解します。

そして、その摂取した栄養を体中に行き渡らせるのが「代謝酵素」です。代謝酵素により、新陳代謝が可能となり、栄養素を有効活用できるようになります。新陳代謝が活発になると、体には様々な効果があります。

体内の毒素を汗や尿によって排出しやすくなり、健康体になりやすくなったり、免疫力を高めて病気になりにくくなったりといった効果が期待できます。お酒の強い弱いも、アルコールを分解する代謝酵素が多いかどうかで決まります。

なお、酵素は人によって発生量が定まっており、体外から摂取することはできません。しかし、消化酵素などを経口摂取することにより、胃腸内の食物の消化を手助けすることができます。

大根おろしを食べることによって消化が良くなるというのは、大根に含まれた消化酵素が胃腸内の食物を酵素の力で消化しているからなのです。

熱に弱い

酵素は、アミノ酸、つまりタンパク質によって構成されています。そのため、酵素は熱に弱く、50~70度程度の熱によって変質してしまい、その役割はなくなってしまいます。

もし、食べ物から酵素を摂取したいと考えるのであれば、大根おろしや刺し身のような生で摂取できるものか、もしくはサプリメントを使って摂取することになります。

酸性・アルカリ性に弱い

上記と同じ理由で、酸性・アルカリ性にも弱いのが、酵素の特徴です。

しかし、ペプシンという消化酵素は例外であり、腸内を酸性に保つために働いています。このペプシンがあるからこそ、人間はタンパク質が分解できるのです。

壊れやすいので工夫が必要です

以上2点の理由から、酵素は壊れやすいということがわかります。よって、壊れないために様々な工夫をしなければなりません。

例えば、上記したように生で食べたり、サプリメントを飲んだりするのは基本であり、発酵食品を食べるというのも酵素を摂取するのに有効な手段の一つです。

生で大量に食べて摂取するのであれば、ジューサーなどで分解して飲むことで大量に摂取できます。

意識し、工夫することで、酵素は摂取しやすくなります。いろいろ調べて、効率的な酵素の摂取を行いましょう。