HOME » 酵素とは?基本のキ » 酵素が多く含まれる食べ物とは

酵素が多く含まれる食べ物とは

このページでは、酵素を多く含む食べ物を紹介しています。

酵素を多く含む食べ物

消化吸収を助けたり、新陳代謝を促したりなど、人間の生命活動に不可欠な酵素。酵素は、人間にもともと備わっている成分ですが、生活習慣の乱れで身体に負担をかけ過ぎると、酵素が充分な力を発揮できなくなることがあります。さらに、加齢とともに酵素の分泌量は減少するので、毎日の食生活の中から、酵素を補ってあげることも大切です。

酵素は動物性の食材ではなく、植物性の食材に多く含まれています。どんな食材があるのか、見てみましょう。

野菜

レタス・キャベツ・にんじん・セロリ・大根・山芋など

上記の野菜は、酵素を豊富に含むことで知られています。もちろん、それ以外の野菜にも酵素は含まれていますので、とにかく野菜を意識的に取り入れる習慣づけが大切。

野菜イラストひとつ注意したいのは「酵素は、熱に弱い」という事実。50度以上の熱を加えると、その働きは停止してしまいます。残念ながら、煮る・炒める・蒸すなどの調理法は「酵素を摂る」という意味では、有効ではありません。酵素の力を最大限に活かすには、サラダやスティックなど、生野菜を取り入れるようにしましょう。

また野菜に含まれる酵素は、切断面から失われやすくなっています。できれば食べる直前にカットしてください。また、一度に食べきれない場合は、漬け物などの発酵食品に加工するのがおすすめ。ピクルスなどの酢漬けでもOKです。

果物

バナナ・マンゴー・パパイヤ・パイナップル・キウイ・りんごなど

酵素は、果物のなかでも南国原産のものが多く含まれています。

とくに豊富にあるのは、果物や野菜の皮部分です。すりおろして食べるか、面倒な方は皮ごと食べると、酵素を取り入れやすくなります。いずれも新鮮なうちに生で食べることが、果物から酵素を上手に取り込む秘訣です。

発酵食品

納豆・味噌・ヨーグルト・漬け物・麹など

日本の食文化に馴染み深い「発酵食品」は、酵素の力を利用しています。酵素を取り入れるのにもってこいなのは、言うまでもありませんね。

また味噌や麹などは、食品を加工する際にもおすすめ。例えば肉の味噌焼きなどに活用すると、消化酵素が豊富で胃腸に負担のかからない、肉料理を作ることが可能になりますよ。