やさしくわかる酵素の教科書HOME » 酵素とは?基本のキ » 酵素の種類とそれぞれの働きについて

酵素の種類とそれぞれの働きについて

このページでは、酵素の種類と働きについて調べています。まずは、酵素にはどんなものがあるのか見てみましょう。

酵素の種類をリサーチ!

ドクター「なければ生きていけない」ほど、人体にとって重要な酵素。人間の体内で常に起こっているさまざまな化合物反応は、酵素がないと成り立ちません。消化吸収、呼吸、運動、新陳代謝など、基本的な生命活動をサポートしているのです。

体内には3000~4000種類以上の酵素が存在すると言われていますが、
学術的には3種類に分けられるようです。以下に注目してください。

【要チェック!酵素の種類】

■代謝酵素
体内にもともと存在している酵素。
代謝、呼吸、解毒といった生命活動の維持にたずさわり、エネルギーを生み出すものです。

■消化酵素
もともと体内に備わっている酵素で、その名の通り食物を消化するための酵素。
食物を消化・分解し、栄養分が身体に吸収されやすくなるように働きかけます。

■食物酵素
食生活の中から取り入れる酵素です。
穀類・豆類・発酵食品・野菜・果実などに多く含まれ、食物そのものを消化します。
またもともと体内に備わっている酵素の働きを、サポートする役割も持ちます。

上記のように、酵素はもともと体内に備わっているのですが、実は積極的に摂取する努力が必要です。それは、酵素が不足すると食物を消化・吸収できなくなったり、排出すべき老廃物が体内に溜まってしてしまうから。

新陳代謝や抗酸化作用も弱まるため、血液がドロドロになり、動脈硬化をはじめとする生活習慣病に発展する恐れも…。やがては心筋梗塞や脳出血など、生命を脅かす大病をまねく恐れがあるので、注意が必要です。

特に消化酵素は重要。血液の粘性を下げる働きがあるので、ドロドロの血液が血流を阻害したり、血栓を作るのを防いでくれます。

食物やサプリ・ドリンクなどから酵素を摂取すると、体内の消化酵素量も増加します。健康的な身体を維持するために、ぜひ積極的な摂取習慣をつけるようにしてください。

また、特に注目の消化酵素について個別ページを設けましたので、ぜひ以下からご確認を!

アミラーゼ

根菜

アミラーゼは別名「ジアスターゼ」と言われる人体に備わった酵素の一つ。

すい臓(P型アミラーゼ)と唾液腺(S型アミラーゼ)から分泌されており、「でんぷん質」を消化し、吸収をスムーズに行うための大事な消化酵素です。

アミラーゼは、すい臓や唾液腺に問題があると体内で過剰発生し血中濃度があがります。

健康診断でアミラーゼの値を調べる場合、血液を採取して調べる方法と尿検査で調べる方法の2つがあります。

健康診断でアミラーゼの値が基準値を逸脱している場合は、基本的には膵臓に負担がかかっているサインと考えます。

アミラーゼ値が高い場合に考えられる病気としては、急性/慢性肝炎、腎不全、腸閉塞、胃潰瘍などがあげられます。

逆に値が低い場合には慢性膵炎、肝硬変、糖尿病などの病気の可能性を見ることができます。

アミラーゼの数値が基準値外だった場合、精密検査を受け、生活習慣を改善することが大切です。

暴飲暴食を避けて膵臓の負担を軽減しつつ、アミラーゼを効率よく摂取する必要があります。

食物から摂取する場合、果物や豆類、根菜類(長芋、ニンジン、大根など)、キャベツやホウレン草、カボチャやオクラなどがおすすめです。[1]

野菜の甘味成分はアミラーゼの働きによってもたらされます。

アミラーゼは熱に弱い特徴があるため、生食や補助食品で意識して取り入れる必要があります。

>>アミラーゼ

プロテアーゼ

プロテアーゼはタンパク質を分解するための消化酵素。

タンパク質やペプチド中のペプチド結合を分解してアミノ酸にする働きをします。

腸内の消化促進を高めてくれる、人体にとって重要な消化酵素の一つです。

食物の消化は、胃の中で5時間、小腸の中で8時間かけてゆっくりと行われます。

消化に伴う必要なエネルギーはフルマラソンに匹敵するほど。

暴飲暴食などによってその働きが追い付かなくなってしまうと、消化不良を起こしてしまいます。

そんな時の、胃もたれや胸やけ症状などを解決してくれるのがプロテアーゼ。プロテアーゼを多く含んだ食品やサプリなどを摂取すれば、消化されにくいたんぱく質の分解を促し、腸内の負担を大幅に減らしてくれます。

プロテアーゼの多く含まれている食品としては、キウイ(特にグリーンキウイ)、いちじく、パパイヤ、パイナップルなどがあります。[2]

プロテアーゼも加熱すると壊れてしまうという特徴があるため、摂取する場合には注意が必要です。

プロテアーゼは、人体にとっても欠かせない消化酵素ですが、その他にも化粧品や洗剤、サプリメントなど、様々な用途で活用されています。

化粧品では古い角質を分解させて滑らかなお肌にする作用、洗濯洗剤では汚れの原因にもなるたんぱく質を分解する作用が活用されるなど、私たちの生活に身近なものとなっています。

>>プロテアーゼ

リパーゼ

リパーゼは膵臓から分泌される消化酵素の一つで、体内に取り入れた脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する働きをします。

リパーゼが不足すると、肥満や筋肉のけいれん、便秘や下痢、肌トラブルなど、様々な症状が表れます。

リパーゼは消化の際に膵臓から分泌されるほか、「空腹時」「運動時」にホルモンからの働きかけによっても分泌されます。

血糖値が下がりすぎないよう、蓄積されている脂肪細胞を分解してくれるのです。その作用をダイエットにも活用することができます。

空腹時に軽い運動をすると、リパーゼの働きを効率的に使って脂肪を燃やすことができます。

リパーゼはアミラーゼと同じく、すい臓に問題があると過剰発生し血中濃度が上がりますので、すい臓疾患の可能性を見るのに重要な指針となることでも知られています。

リパーゼが不足すると肥満や肌トラブル、疲労感などにつながりますので、食品からも効果的にリパーゼを取り入れることが大切になります。

リパーゼは、発酵食品や野菜、果物などに多く含まれています。

酵素は熱に弱く、また、リパーゼを含む食品と一緒に食べた食品の脂肪は分解されないので、リパーゼ不足による肥満を避けたい人は、補助食品を上手く利用して、食事の前にリパーゼを摂取しておくことをおすすめします。

>>リパーゼ

参考文献
[1]加藤陽治 他「生食野菜類のアミラーゼ活性」弘前大学教育学部教科教育研究紀要.17,1993,p.49-57
[2]韓立坤 他「キウイフルーツプロテアーゼの利用について」日本食品工業学会誌Vol.34, No.1,36~41(1987)〔
[3]向井浩之 他「スピルリナに含まれる膵リパーゼ活性阻害物質の単離及び食後の血中脂質上昇抑制作用」高分子論文集,vol.50,No.10,pp.715-722