HOME » 酵素とは?基本のキ » 酵素の種類とそれぞれの働きについて

酵素の種類とそれぞれの働きについて

このページでは、酵素の種類と働きについて調べています。まずは、酵素にはどんなものがあるのか見てみましょう。

酵素の種類をリサーチ!

ドクター「なければ生きていけない」ほど、人体にとって重要な酵素。人間の体内で常に起こっているさまざまな化合物反応は、酵素がないと成り立ちません。消化吸収、呼吸、運動、新陳代謝など、基本的な生命活動をサポートしているのです。

体内には3000~4000種類以上の酵素が存在すると言われていますが、
学術的には3種類に分けられるようです。以下に注目してください。

【要チェック!酵素の種類】

■代謝酵素
体内にもともと存在している酵素。
代謝、呼吸、解毒といった生命活動の維持にたずさわり、エネルギーを生み出すものです。

■消化酵素
もともと体内に備わっている酵素で、その名の通り食物を消化するための酵素。
食物を消化・分解し、栄養分が身体に吸収されやすくなるように働きかけます。

■食物酵素
食生活の中から取り入れる酵素です。
穀類・豆類・発酵食品・野菜・果実などに多く含まれ、食物そのものを消化します。
またもともと体内に備わっている酵素の働きを、サポートする役割も持ちます。

上記のように、酵素はもともと体内に備わっているのですが、実は積極的に摂取する努力が必要です。それは、酵素が不足すると食物を消化・吸収できなくなったり、排出すべき老廃物が体内に溜まってしてしまうから。

新陳代謝や抗酸化作用も弱まるため、血液がドロドロになり、動脈硬化をはじめとする生活習慣病に発展する恐れも…。やがては心筋梗塞や脳出血など、生命を脅かす大病をまねく恐れがあるので、注意が必要です。

特に消化酵素は重要。血液の粘性を下げる働きがあるので、ドロドロの血液が血流を阻害したり、血栓を作るのを防いでくれます。

食物やサプリ・ドリンクなどから酵素を摂取すると、体内の消化酵素量も増加します。健康的な身体を維持するために、ぜひ積極的な摂取習慣をつけるようにしてください。

また、特に注目の消化酵素について個別ページを設けましたので、ぜひ以下からご確認を!