やさしくわかる酵素の教科書HOME » 安くて効果の高い、コスパに優れる酵素サプリ&ドリンク一覧!

安くて効果の高い
酵素サプリ&ドリンク一覧

このカテゴリでは、ローコストで試せる酵素サプリ&ドリンクの情報を特集しています。
「酵素が体に良いと知ってはいるけど、1万円以上の商品が多くて、なかなか手が出ない…」という人は多いのではないでしょうか?実は、リーズナブルな商品もあります。

本カテゴリでは以下の商品情報を紹介。酵素選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

安く酵素サプリを購入するなら!定期購入がオススメ

酵素サプリを選ぶときに重視するべきことは何でしょうか?料金や効果も大切ですが、同じぐらい注目したいのが「定期購入の価格」です。1~2ヵ月だけでOKならば単体で買うのもアリですが、酵素サプリは薬とは違って即効性がなく、継続して飲むことで効果を発揮します。ほとんどの商品は定期購入することでだいぶ料金が変わるので、一度確認してみるのがおすすめ。本ページで紹介している商品を例にあげて、実際にどれぐらい料金が変わるのか見てみましょう。

もろみ酵素さらさらケア

定価 4,880円
定期 毎月1袋コース(10% オフ) 4,392円
毎月2袋コース(15% オフ) 8,296円
毎月3袋コース(20% オフ) 11,712円
※毎月4袋以上の場合は合計金額から25%オフ

万田酵素プラス温 瓶タイプ

定価 6,480円
定期 毎月2個コース(15%オフ) 11,016円

酵素サプリをお得に手に入れるには?

酵素サプリメントを調べたところ、もろみ酵素さらさらケアのように定期購入のコースが複数あるところもあれば、万田酵素プラス温のようなコースが1つしかないものなどさまざまです。生活スタイルや飲みかたによって選べるぶん、複数コースがあるサプリメントは便利ですね。

定期購入でも製品によって月々の費用に差が出てきます。たとえばもろみ酵素さらさらケアと万田酵素プラス温の定期購入の費用を比較すると、効果を感じ始める3ヵ月目では8,160円もの差が発生。同じ2袋コースでの料金を比較しても1ヵ月にかかる費用と同じくらいの差が出てしまうのです。また初回価格のみ安い商品もありますが、トータルの金額で考えると定期購入のほうがお得といえるでしょう。

料金について見ていきましたが、継続のしやすさや手間などもチェックしておきたい条件です。1袋を単体で購入した場合、使い切ったらネットショッピングやドラッグストアで補充しなければいけません。サプリメントは毎日飲むことで効果を発揮するため、継続が大切。買い忘れや買い足す面倒さから使用をやめてしまうケースもあるため、できるだけ切らすことがないようにしましょう。

ネットで買い足す場合は注文から配達まで時間がかかるため、毎月届く定期購入がおすすめ。通常購入だと必要な送料も定期購入ならかからないため、買いに行く手間と無駄な費用が省けて一石二鳥です。定期購入はホームページやお問い合わせフォームからすぐ解約できるので、気軽に始めやすくて◎。

酵素サプリ・酵素ドリンクをなるべく低価格で手に入れたい人にとって、料金が安く抑えられる定期購入はかなり魅力的。最近は健康志向に目を向ける人も多く、サプリメントを購入する場合は定期購入を選択する人がほとんどです。料金や継続しやすさを考えるのであれば、定期購入を視野に入れてみるのもいいかもしれません。

定期購入価格と加熱・非加熱をチェック

定期購入価格も、サプリによって割引額などはさまざま。その上で、効果の高いものでなければ定期購入するのに踏み切りづらいところがあります。ここでは、定期購入価格と非加熱酵素かどうかをサプリごとに紹介していきます。

  定期購入価格 加熱/非加熱
もろみ酵素さらさらケア 毎月1袋コース 4,392円
毎月2袋コース 8,296円
毎月3袋コース 11,712円
非加熱
ダイジェストザイム240カプセル 公式サイトに記載なし 公式サイトに記載なし
万田酵素プラス温 瓶タイプ 毎月2個コース 5,832円 公式サイトに記載なし
大和酵素セイエイ 公式サイトに記載なし 加熱
お嬢様酵素 毎月1本コース 3,980円
毎月2本コース 7,470円
毎月3本コース 10,450円
加熱
野草酵素(顆粒) 毎月1箱コース 6,804円
2ヵ月ごとに2箱コース 13,608円
公式サイトに記載なし

もろみ酵素さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケアHP
(http://www.moromi-koso.com/)

価 格 4,880円(税込)

<配合成分>

デキストリン、黒大豆、小麦、米ぬか、大麦、米胚芽、黒ショウガ、海藻、ステビア、黒ゴマ、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、ゼラチン、着色料(酸化チタン、カラメル)

特徴 女性の生理前のめまい・だるさの改善を目指した酵素サプリです。
酵素の力を活かせる「100%非加熱」の特許製法を取得しました。血液のめぐりを良くし、ホルモンバランスを整えることで、消化・分解・吸収・老廃物の排泄までスムーズになります。無添加、無着色で、科学物質は一切使用していません。

口コミ

生理痛が重く、さらに出血量も多くて、生理がくる度に貧血とめまいに悩んでいました。もろみ酵素を飲み始めて、体調が良くなったと実感できるように。貧血とめまいが減って嬉しい限りです。

1年以上悩んでいた、めまいや体のだるさが改善。当初は年齢が年齢だったので、とうとう更年期障害か…と思っていたのですが、諦めなくてよかったです。

知人に勧められて飲むように。それまで酷かった肩こりやめまい、耳鳴りまで落ち着いていきました。今では、手放せないくらい愛用しています。

ダイジェストザイム240カプセル

ダイジェストザイム

引用元:サプリメント通販SAPOO
(http://www.sapoo.com/digestzyme-240cap-17499)

価 格 4,410円(税込)

<配合成分>

酵素ブレンド、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、セルラーゼ、インベルターゼ、ジアスターゼ、ラクターゼ、ラクトバチルス・アシドフィルス (牛乳由来)、ビフィドバクテリウム・ロンガム、 セルロース、

特徴 ミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼなど、タンパク質や糖質・脂質を分解する、7種類の酵素が配合されたサプリメント。日本よりも酵素の研究が進んでいるアメリカで開発されたもので、酵素に腸内環境を整える乳酸菌をプラスしたものです。暴飲暴食してしまったとき、便秘気味なとき、疲労感を感じるときに摂取すると消化をサポートしてくれ、荒れやすい胃腸を整えるために使用する利用者が多いそうです。

口コミ

逆流性食道炎に2年以上悩まされ続けていたのですが、サプリを飲むようになって症状が治まり、今では普通に食事を楽しむことができます。

もともと胃腸が弱く、ストレスや食べ過ぎるとすぐ胃腸にくるので、ずっと腸内環境を整えたいと探し求めていたときに出会いました。仕事が多忙でも、疲労が溜まっても問題なく過ごせるようになりました。

ストレスで暴飲暴食してしまうことがあったのですが、飲み始めて代謝が良くなり、風邪もひきにくくなりました。疲れが抜けなかったのが嘘みたいに今では活動的になり、精神的にも落ち着くようになりました。

万田酵素プラス温 瓶タイプ

万田酵素プラス温 瓶タイプ商品画像

引用元:万田酵素オンライン
(https://mandahakko.com/mh/shop/goods/index.html?ggcd=E135&cid=health)

価 格 6,480円(税込)

<配合成分>

実類、根菜類、穀類、海藻類など53種類にショウガをプラス

特徴 商品されるまでには3年3ヶ月を経る、超熟成型の酵素。ペースト状なので、疲れが取れないから多く取りたい、今日は調子が良いから量を減らしたいなど、体調や気分に合わせて量を調整することができます。さらに、しょうがも配合されているので、冷え症の症状改善にアプローチしてくれるそうです。防腐剤、保存料は一切使われていないので、安心して利用できますね。

口コミ

家族みんなで酵素プラス温を使っています。便通が良くなりましたし、指のささくれにも効いているようです。味は甘くて美味しく、コスパもかなり良いと思いますよ。

3ヶ月目頃から肌の調子が良くなり、さらに体の冷えも改善してきて、効果を実感しています。

体調に合わせて量を調整するところが気に入っています。友人から肌につやが出てきたねと言われました。体の調子が良くなり、もう手放せないですね。

大和酵素セイエイ

大和酵素セイエイ商品画像

引用元:PURE・HEART自然館
(http://www.shizenkan.net/store/c/321/)

価 格 7,020円(税込)

<配合成分>

果菜類、葉菜類、根菜類、果実類、穀物類、海草類、キノコ類、民間植物類、梅エキス、黒糖、粗糖、麦芽糖、ブドウ糖、オリゴ糖、酵母菌

特徴 60年以上の販売実績を持っている「大和酵素セイエイ」。旬の野菜や、果物、海藻類に野草生物など、約70種類の原料が配合されているそうです。基礎のヒノキの樽で発酵作業が行われ、低温発酵タンクで3か月程度熟成しているのだとか。原料はすべて国産で、無添加なので、お子様からお年寄りまで、安心して利用できると言えますね。食べ過ぎや飲み過ぎた日に取り入れると、消化酵素を助けて胃腸を整えてくれます。

口コミ

家族みんなで酵素プラス温を使っています。便通が良くなりましたし、指のささくれにも効いているようです。味は甘くて美味しく、コスパもかなり良いと思いますよ。

3ヶ月目頃から肌の調子が良くなり、さらに体の冷えも改善してきて、効果を実感しています。

体調に合わせて量を調整するところが気に入っています。友人から肌につやが出てきたねと言われました。体の調子が良くなり、もう手放せないですね。

お嬢様酵素

お嬢様酵素商品画像

引用元:お嬢様酵素HP
(http://www.ojyosama.jp/kouso02/)

価 格 5,130円(税込)

<配合成分>

64種類の野草原料と22種類の野菜・果物から抽出した酵素

特徴 ファスティングダイエットで人気の高い、女性向けの酵素ドリンク。64種類の野草と22種類の野菜と果物から酵素を抽出し、発酵させているそうです。フルーティーな味で飲みやすく、炭酸水や野菜ジュース、豆乳わりなど、お好みの飲み物で割って飲めるので、続けやすそうですね。食事と置き換えて利用している方のほかに、肌の調子やお通じが良くなったという声もあるのだとか。美容意識の高い女性にピッタリと言えそうです。

口コミ

雑誌で見かけてずっと気になっていたお嬢様酵素。試しに買ってみたら、飲みやすくておいしいですね。子どもたちも一緒にジュース代わりに飲んでいます。私はファスティングに使って体がスッキリしました。

別の酵素ドリンクを飲んだことはありますが、クセが強くて断念…。お嬢様酵素はフルーティーで続けられます。今では、肌の調子も良くなりました。

体調に合わせて量を調整するところが気に入っています。友人から肌につやが出てきたねと言われました。体の調子が良くなり、もう手放せないですね。

野草酵素(顆粒)

野草酵素(顆粒)商品画像

引用元:野草酵素公式HP
(http://www.yasoukouso.com/)

価 格 7,560円(税込)

<配合成分>

66種類の野草・野菜や果物、52種類の有用菌

特徴 原料の野草だけではなく、発酵に使用する菌も、新潟県妙高山麓の自然の中から採取したもの。66種類の野草や果物・野菜に、52種類の乳酸菌と酵母菌などを加えて、発酵に1年2ヶ月もの期間をかけて作られた、人気の顆粒サプリメント。固めるための添加物は、一切使われていません。完全手作業で顆粒状にしているそうで、さらに個包装で出張先や旅行などにも持ち運びしやすい商品。仕事が忙しい方におすすめですね。

口コミ

夫婦そろって毎日飲んでいますが、とっても元気。これからも習慣にしていくつもりです。

高齢の母が飲み始めて2ヶ月後、冷え切っていた指先が温かくなり、足のむくみも取れてスッキリしていると、とても喜んでいます。

外出が多く、個包装された顆粒タイプは便利で重宝しています。忙しさは毎日変わりませんが、若々しく過ごしたいと思い、飲み続けています。

根菜酵素

根菜酵素商品画像

引用元:根菜酵素公式HP
(https://www.nshk.jp/products/381)

価 格 6,050円(税込)

<配合成分>

15種類の根菜を発酵・熟成

特徴 こだわりぬいた契約農家の根菜15種類をベースに、麹菌・酵母菌で発酵。寒さの厳しい飛騨で熟成された根菜は、徹底した衛生管理の施設で酵素サプリへと生まれ変わります。「身体を温める食材」をメインに集められた原料からできた根菜酵素は、カプセル状で持ち運びも楽々。飲みやすさ・続けやすさにも評判ありです。

口コミ

身体がぽかぽかする気がします。いい感じです。

カプセルタイプなので飲みやすいのが嬉しいですね。においもあんまり気になりません。

良く知る野菜がたくさん含まれているので、安心して飲むことができました。ダイエットの効果は出ていないのですが、続けてみようと思います。

とにかく安さで選ぶ!低価格の酵素サプリはコレ

ここでは、とにかく安い!始めやすい酵素サプリを紹介します。

生酵素222

製品名 生酵素222
価格(通常価格) 2,037円(税込)
定期購入価格 3個コース 5,194円(税込)
配合成分 サフラワー油、植物発酵エキス、黒酢濃縮末(江蘇鎮江香酢濃縮粉末、山西老陳酢濃縮粉末)、Lーカルニチン酒石酸塩、キャンドルブッシュエキス、コエンザイムQ10、殺菌乳酸菌(ECー12株)、ゼラチン(ブタ由来)、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、イカスミ色素、ビタミンB1
植物発酵エキス 222種類の植物発酵エキス

ダイエットや美容、体調不良の改善のために良いとされる生酵素が含まれており、222種の植物発酵エキスで栄養バランスを整えてサポートしていきます。有名なネットショッピングのランキングに掲載されたり、雑誌でも紹介されたりしている人気商品です。サプリメント管理士がダイエットをサポートしてくれるので、ダイエットのために酵素を飲みたいという方に特におすすめです。

酵水素328選

製品名 酵水素328選
価格(通常価格) 4,190円(税込)
定期購入価格 3,770円(税込)
配合成分 植物発酵エキス、食用サフラワー油、食用オリーブ油、食用大豆油、食用なたね油、食用こめ油、黒糖、カルシウム(天然水由来)、ヒマワリ油、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、着色料(カラメル)、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、クエン酸、カリウム、炭酸カリウムなど
植物発酵エキス 328種類の植物発酵エキス

業界では最多といわれる328種類の植物発酵エキスが凝縮されており、国内生産で製造もこだわられているサプリです。メディアや雑誌でも紹介されています。また、植物発酵エキスの他に、水素パウダーやビタミンも含まれており、パウチタイプで持ち運びがしやすく、いつでも手軽に飲むことができるという点もおすすめです。

みやびの植物酵素100

製品名 みやびの植物酵素100
価格(通常価格) 2,006円(税込)
定期購入価格 初回975円(税込)
2回目以降1,805円
配合成分 植物発酵エキス、食物繊維、亜鉛含有酵母、フラクトオリゴ糖、有胞子性乳酸菌末、小麦発酵エキス、ローヤルゼリーペプチド末、銅含有酵母、黒酢粉末、黒酢もろみ末、ビフィズス菌末、結晶セルロース、ゼラチン、ショ糖脂肪酸エステル
植物発酵エキス 100種の植物発酵エキス

みやびの植物酵素100は2年間自然に発酵された植物発酵エキス100種類だけではなく、アミノ酸豊富な黒酢、食物繊維、ビフィズス菌などの様々なものが含まれています。どれもが素材にこだわり、熱を加えていないフリーズドライで作られています。また、使用されている植物は農薬などを使用せず、自然にこだわって作られています。

日本盛 植物生まれの酵素

製品名 日本盛 植物生まれの酵素
価格(通常価格) 2,160円(税込)
定期購入価格 3回まで1,512円(税込)
4回目以降1,944円(税込)
配合成分 植物発酵エキスパウダー、食物繊維(難消化性デキストリン)有胞子性乳酸菌末(乳糖、有胞子性乳酸菌)、オリゴ糖、小麦発酵エキス、植物性乳酸菌末(殺菌)、HPMC、ショ糖脂肪酸エステル
植物発酵エキス 130種類の植物発酵エキス

2年間熟成させた発酵エキスをフリーズドライでカプセルに凝縮させて飲みやすい酵素サプリとなっています。野菜、果物、海藻、穀物、野草から130種を使い、火を使わず、樽の中で仕上げていきました。カプセルタイプで持ち運びしやすいところも便利です。

こちらで紹介した商品は、他の酵素サプリよりも比較的リーズナブルなものが多いです。それでも、生酵素にこだわった商品ばかりです。酵素を飲んでみたいけれど高くて挑戦できない方も、飲んでいたけれど高いのでやめてしまったという方にもおすすめです。

本来、生酵素は活性化した状態(生酵素)でとどめておくのはとても難しく、それ相応の技術も必要になってきます。ですから、生酵素が含まれる商品は高価なものが多いのかもしれません。酵素は熱に弱いので、熱を使って製造すると、破壊されてしまう可能性があるのです。一般的に酵素は50℃以上の熱を加えられると消えてしまうと言われています。ですから、酵素、と書かれていても本当に酵素が含まれているかどうかをしっかりと見極めなければなりません。

酵素サプリを選ぶ時は、製造工程などの細かい部分もチェックして、熱を加えられていないかなどの部分にこだわっているかどうかを確認し、生酵素を謳っているものを考えることをおすすめします。また、研究や実験などがされており、実際に効果があったというデータが公表されている酵素などだと、効果の信憑性が高まりますね。

価格帯が低めの商品なので手軽に始めることができますが、多くのものが基本的にはダイエットや美容に特化したものが多いですから、女性の悩み全般をフォローしてくれるかどうかは分かりません。

ですが、酵素ってどんな効果があるのだろうか、酵素を飲んで少しでも健康的になりたい、というふうに酵素に興味がある方もたくさんいらっしゃるはずです。いきなり高価な酵素を購入するのは難しいかもしれませんが、まずは安く始めてみたいという方は、手に取ってみても良いのでは無いでしょうか。

安さも譲れない!酵素が選ばれる理由はコレ

「酵素を摂り入れたいけど、コストは抑えたい!」そう考えてる人も多いと思います。サプリやドリンクなど酵素の補うための商品はさまざま。健康にかかせないと言われている酵素ですが、摂取している人はどんな目的で酵素を飲んでいるのでしょうか?ダイエットをはじめ、主な理由をピックアップしてみました。

ダイエット

酵素を摂取してスレンダーな体型を目指している人は多いはず。酵素には体に良いことがたくさんあります。まずはダイエッターにとって大きな壁となるが「便秘の解消」です。腸内に便が溜まっていると、栄養を吸収する力がダウン。代謝が下がり、太りやすくなってしまいます。腸内はスッキリしているときほど満腹感を感じやすいそう。つまり便が溜まったままでは満腹感を得られず、余計に食べてしまうのです。酵素は腸内環境を整える役割を持つので、便秘解消に効果をもたらします。

酵素は基礎代謝を向上させる働きも。基礎代謝は加齢に伴いだんだんと低下します。しかし積極的に酵素を摂取すれば、体内の「代謝酵素」の量を向上させることが可能です。基礎代謝が上がるということは当然消費量もアップするので、自然と痩せやすい体質に。

このように、生酵素はダイエットの力強い助っ人になってくれる要素を持ちます。ただ「短期間で痩せられる」「少しくらいカロリーオーバーしても生酵素があるから大丈夫」などの誤った認識には注意が必要です。酵素は継続して摂取することで、徐々に痩せやすい体質へ変えていくのが基本。薬のような即効性はありません。食べたカロリーを消費する働きはなく、あくまで体質改善の助っ人だと覚えておきましょう。

ファスティング

ダイエット目的でもよく行われるという「ファスティング」。酵素断食とも呼ばれます。普段の食事を酵素ドリンクや、酵素サプリを活用して置き換えることでカロリー摂取量を減らしつつ、胃腸を休めることで消化酵素を活性化させる働きがあります。合宿などに参加して、集団でプログラムを受けることもできますが、個人的に酵素商品を購入してファスティングに取り組む方も増えています。

ファスティングも、まるまる一日断食をするものだけでなく、二食を置き換える「半日ファスティング」などさまざまな方法があります。胃腸を整え、消化酵素の働きを正常にするのであれば半日ファスティングを継続的に行うことで目的は果たせます。一方で、即効性の体重減量を求める方などは、三日間以上のファスティングに取り組んだ方がよいでしょう。

話題のファスティングをするのであれば、酵素ドリンク・酵素サプリの摂取が大事。ファスティングの活用事例などを調べて、適切なサプリ選びをしましょう。

美肌

酵素が持つ働きの中に、新陳代謝のアップによる「ターンオーバーの正常化」があります。美肌に大きく影響するものなので、これを目的として酵素を摂取している人もいるでしょう。

ターンオーバーは加齢だけでなく、ストレスにも影響されるそうです。一度乱れてしまうと肌に古い角質や皮脂の汚れが溜まってしまい、不衛生な状態が肌トラブルへとつながります。さらにシミの元となるメラニン色素を排出できず、溜め込んでしまうと悪循環を招きます。体内に活性酸素があるとメラニン色素を活性化させてシミができやすい肌になるばかりか、肌から弾力がなくなるとも…。肌から弾力がなくなれば、シワができやすくなってしまいます。

ここで活躍するのが酵素です!ターンオーバーの正常化に加えて、活性酸素を退治してくれます。なかでも「SOD酵素」と呼ばれる体内酵素が有効のよう。SOD酵素を含む食べ物はほうれん草やアシタバ、飲み物だとルイボステイーが代表的。しかし、日頃から常に食事に取り入れるのは難しいと言えます。効率よく摂取できる手段として、サプリが人気のようです。

生理不順の解消

生理の周期がいつもより長引いたり、バラバラになったりという生理不順を女性なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。ここでも、酵素が効果を発揮!酵素を摂取する理由は生理不順の解消のため、という人も少なくありません。

生理不順の主な原因は、ホルモンバランスの崩れや血行不良と言われています。そして、そのトラブルは酵素不足によるものと考えられているそう。実際、酵素を摂り入れるようになって生理不順が解消したという声も多くあがっています。生理不順を防ぐには、ムダに酵素を使わないこと・体外から積極的に酵素を補うことが大切です。

生活習慣や食生活に乱れが生じると、貴重な代謝酵素をムダに消費してしまいます。それが原因で代謝が悪くなったりストレスが溜まったりして、生理不順をはじめ冷え性、むくみなどにつながるのです。栄養バランスの偏りや睡眠不足には要注意。ちょっとした気のゆるみでホルモンバランスが崩れたり、酵素不足の原因になったりします。生活習慣・食生活を正すのはもちろん、体外から酵素を補給してあげることが大切です。

酵素を摂取するために酵素ドリンクを選ぶ人もいますが、おすすめは加熱処理がされていない生酵素サプリ。酵素に含まれる「アミラーゼ」「プロアテーゼ」は生理不順の解消に効果があり、加熱されていない状態がベストです。

安さでの即決はNG!効果の見極めがポイント

リーズナブルであることは嬉しいですが、大切なのは効果が期待できる商品を見極めること。「安い」「簡単そう」という理由で手を伸ばした結果、失敗に終わった人もいるようです。失敗談の一部をご紹介します。

失敗談1

簡単そうだったので生酵素ダイエットにチャレンジしましたが、飲み始めてすぐに体重が増えてしまったので、焦ってやめました。栄養が足りていないことが原因だったようです。あとから知ったのですが、栄養が満ちている状態であれば少しずつ体重が減り始めるんだとか。次回はもう少し継続して挑戦します。

失敗談2

薬局で簡単に買えるような、すぐ手に入る酵素を選んでいました。「サプリがあるから大丈夫」と気が緩んでドカ食いした結果、散々な目に…。「これを飲めば痩せる!」的な安易な宣伝をしているサプリも要注意ですね。サプリはあくまで補助的な役割。ダイエットを長く、そして快適に続けるためにもよく考えたほうがいいですよ。

「安い」という理由だけでサプリを購入した結果、効果を得られず苦い思いをした人は意外といるようです。簡単に手が届くのは嬉しいですが、手軽さだけを重視するのは要注意。事前に口コミや評判から効果をリサーチしておくのがベターです。こちらで紹介している商品はネットで評判になっているものからピックアップしているので、効果を重視している人におすすめですよ。

安さだけで選ぶのはNGと言ったものの、安いサプリはすべて効果が期待できないというわけではありません。安くても効果が見込めるサプリももちろんあります。見極めのポイントはさまざま。その中でも優先してチェックしたい項目をご紹介するので、参考にしてみてください。

含まれる成分

酵素サプリを買うときは、商品ラベルに記載されている成分表を確認しましょう。ネットで買う場合でも、公式サイトや商品を紹介しているサイトで確認ができます。自分が必要としている成分が含まれているかを確認してください。おすすめは防腐剤や保存料などの化学物質を含まないもの。ほかのチェックポイントとして、主原料があげられます。主原料が国産だと安心して摂取できるので◎。

酵素へのこだわり

商品を販売している公式ホームページから、どれだけ酵素商品へこだわっているのか見てみましょう。例えば、「熱を加えない製造方法」にこだわっている企業はおすすめ度が高いと言えます。酵素は熱に弱く、50度以上の加熱で効果が落ちるそうです。ドリンク類は熱が加わる製造方法が必須なので、おすすめはサプリ。熱を加えない製造方法でつくられたサプリは酵素力が高いと言われています。技術がいる製造方法なので、強いこだわりや高い技術を持っている企業の証と言えるでしょう。

酵素製品の相場

「この価格は高いの?安いの?」と何もわからないまま買い物をするのは不安ですよね。相場を知ることで、購入の目安を立てられます。定期購入する場合を想定し、酵素製品の相場を見てみましょう。

カプセルやペースト・ゼリータイプは安いものだと2,000円台のものもありますが、相場としては3,000~6,000円。1日あたりに換算すると100~200円台が一般的です。

酵素ドリンク1本の相場は4,000~7,000円ほど。1回あたりのコストは200円~600円程度です。

口コミ

実際に使用した人からの口コミを参考にすることは大切です。どんな効果を得られたのか、効果を得るまでにどれぐらいかかったのか、かかった費用に対する満足感はどうなのか…など、確認できる要素はたくさんあります。料金に大きな差があると、安く済ませたい思いが先行してついリーズナブルなものを選んでしまうもの。必ずしも安かろう悪かろうではないものの、購入の前に一度情報を集めましょう。商品の公式HPで実績を確認するのもひとつの手ですよ。

酵素を摂り入れる際は安さだけではなく、効果も重視しましょう。そして、継続することが前提であることを忘れずに。まずは3ヵ月程度を目安に続けるのがおすすめです。

継続するためにはそれなりに費用がかかりますが、決して安さで即決するのではなく紹介した内容を参考にしながら、自分にピッタリの酵素サプリ・酵素ドリンクを見つけてください。

酵素サプリの形状別メリット・デメリット

酵素サプリの形状ごとにメリット・デメリットを紹介します。

カプセル

メリット

カプセルは必要な成分が数粒にまとめられているため、サプリメントの中でも持ち運びしやすいことが特徴です。味がしないため飲みやすく、手軽に酵素を摂取できます。エキスが濃縮されているタイプもあり、効率的に栄養を摂れるのが嬉しいところ。

さまざまな栄養素を組み合わせることができるので、酵素以外の栄養素をまとめて摂りたい場合はカプセルタイプがいいでしょう。酵素は独特の味がする製品が多いため、クセがある食品が苦手な方におすすめ。値段も手ごろなので続けやすくなっています。

デメリット

カプセルのデメリットは形状による飲みにくさ。中身を圧縮することができないため、中に入っている成分が多くなるほどサイズも大きくなってしまうのです。また耐久性が弱く、強い衝撃を与えると中身が漏れることも。特にハードカプセルのものは中身が粉末なので割れると周りに飛び散ってしまいます。カバンに入れて持ち運ぶ際は、つぶしてしまわないよう気を付けましょう。

顆粒

メリット

顆粒タイプの大きなメリットは、成形しないため結合剤や光沢材など余計な添加物が入らないこと。そのため、アレルギーの方も安心して使用できます。粉末状のためカプセルのようにのどにひっかかるといった欠点もなく、吸収されるまでの時間も速いです。摂る量をコントロールできるため、子どもから大人までそれぞれに合わせて調整できます。

デメリット

カプセルに比べて風味を直接感じるため、酸味や苦みなど風味に個性があるものは飲みづらさが目立ちます。粉末なので口の中の水分を持っていかれ、むせてしまうことも。飲みづらさを無くすため、水を十分に用意しておかなくてはいけません。

顆粒タイプの酵素は加熱していることが多く、飲む前に酵素が壊れてしまっているのもマイナスポイントです。顆粒タイプの酵素を飲む場合は非加熱のサプリメントを選びましょう。

ドリンク

メリット

液体状のサプリメントなので、固形のカプセルや顆粒に比べて飲みやすいのが特徴。酵素以外にもいろいろな成分が含まれている製品もあり、置き換えダイエットに利用されることも多いようです。

糖分や炭酸が入っているものもあり、美味しさや飲みやすさでは圧勝といえるでしょう。液体で吸収も早く効果が期待できることから、ダイエットに利用するならドリンクタイプがおすすめです。

デメリット

ドリンクタイプは清涼飲料水という位置づけのため、酸化防止剤や保存料が入っていて酵素自体の濃度は低め。

製造過程で65度以上の加熱が義務付けられているので、50度以上で働きを失ってしまう生酵素はほぼ入っていません。そのため、酵素としての効果はそこまで期待できないといえます。加えて持ち運びのしづらさや賞味期限、価格の高さといったデメリットも。毎日手軽に摂るには向いていない形状です。

目的にあったものを選びましょう

酵素を摂取する場合、目的に合わせて選ぶのが大切です。合っていない製品を選んでしまうと、毎日続けることは難しいもの。酵素サプリはさまざまなものがあるため、メリット・デメリットをチェックしてうまく酵素を取り入れましょう。