やさしくわかる酵素の教科書HOME » 安くて効果の高い、コスパに優れる酵素サプリ&ドリンク一覧! » リーズナブルでおすすめな酵素サプリ

リーズナブルでおすすめな酵素サプリ

万田酵素
画像引用元:万田酵素オンライン
http://mandahakko.com/

食物酵素は、健康や美容を意識するならしっかり摂っておきたいものですが、「食べ物からじゅうぶんな量の酵素を摂取する」というのは意外と難しいものです。

そこで、手軽に酵素を摂取したいと考える人におすすめなのが、酵素サプリ。ここでは、こだわり品質でありながら価格もお手頃な厳選酵素サプリを2つご紹介します。

こだわりの原材料と製法が魅力「もろみ酵素さらさらケア」

もろみ酵素さらさらケアの主原料は国産の穀類や豆類など。国産原料をできるだけ使い遺伝子組み換えの作物や、保存料・防腐剤は一切不使用。

もちろん製造も国内で行っており「メイドインジャパンならではの品質実現」にこだわっています。

酵素自体も十分な熟成にこだわることでパワーを引き出し、「同じ量でも、より生かせる酵素」にすることを目指しているのが嬉しいポイント。

もろみ酵素さらさらケアの魅力はこれだけではありません。「日・中・韓の3か国で国際特許を取得している非加熱製法で製造されている」という点も見逃せません。

特徴

もろみ酵素さらさらケアの最大の特徴は、やはり「特許取得の非加熱製法」です。

酵素ドリンクはその全てが清涼飲料水扱いとされるため加熱処理は必須となりますし、酵素サプリもその多くは加熱処理がなされているのですが、もろみ酵素さらさらケアなら「加熱処理されていない、本来のパワーが生きた酵素」を摂取することができます。

価格

定価 1袋90粒4,880円(税込)
まとめ購入価格 2袋8,784円(税込)
3袋12,444円(税込)
※4袋以上の場合は定価合計金額の20% off
定期便価格 毎月1袋コース4,392円(税込)
毎月2袋コース8,296円(税込)
毎月3袋コース11,712円(税込)
※毎月4袋以上のコースは定価合計金額の25% off

原材料

デキストリン・黒大豆・小麦・米ぬか・大麦・米胚芽・黒ショウガ・海藻・ステビア・黒ゴマ・ビタミンC・ビタミンE・ナイアシン・パントテン酸・ビタミンB2・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンA・葉酸・ビタミンD・ビタミンB12・ゼラチン・着色料(酸化チタン・カラメル)

天然由来の食品なので、子供から高齢の方まで幅広く対応、薬を飲んでいる人も利用しやすいでしょう。

口コミ

  • 「疲れにともなうさまざまな不調に悩んでいたので、口コミで評判がよかったもろみ酵素を利用するようになりました。以前ほどは悩まされなくなってきたので、私にはとても合ったサプリなのだと思います」
  • 「毎日が穏やかに過ごせるようになった気がします」
  • 「クラっときたり、ズシンときたりするあの感覚、体質だからどうしようもないと思っていましたが、今はかなり快適です」

カプセルが苦手な人でも飲みやすい「万田酵素 GINGER 分包タイプ」

酵素サプリの多くはカプセルタイプまたは粒タイプとなっていますが、こうしたタイプは「のどに引っかかるので飲みにくい」と感じて避けたがる人も少なくありません。

その点、万田酵素 GINGER 分包タイプはペースト状の酵素サプリとなっていますので、のどへの引っかかりなどを心配することなく飲めるのが魅力です。

特徴

万田酵素 GINGER 分包タイプの最大の特徴は「3年3ヵ月以上という長期間、しっかりと発酵・熟成させている」という点です。

酵素サプリは2年熟成でも「長期間熟成」と言われることも多いですが、万田酵素 GINGER 分包タイプの熟成期間は、それよりはるかに上をいっていると言えますね。

54種類の植物性原材料を使用し、果実の皮や種も使っての「まるごと熟成」で、原材料の持つパワーを無駄なく大きく引き出す工夫をしています。

価格

定価 1個(2.5g×31包)6,480円(税込)
定期便価格 毎月1個コース5,832円(税込)
毎月2個コース11,016円(税込)

原材料

糖類・大粒果実・穀類・かんきつ類・豆類・ゴマ類・根菜類・小粒果実・海藻類・ハチミツ・クルミ・澱粉・キュウリ・セロリ・シソ

ぽかぽか食材として知られるしょうがをプラスすることで、よりよい体調維持サポートにつながるよう工夫されています。

口コミ

  • 「更年期特有の悩みを抱えていましたが、朝一番の万田酵素で、いい感じに過ごせています」
  • 「特に実感はないと思っていたのですが「そういえば、最近は不調を感じることがなくなってきていた」と気づきました」
  • 「味は好き嫌いが別れるかもしれませんが、プルーンのような、でも味噌のような、という感じの濃厚な味です」

酵素サプリのメリット・デメリット

酵素を効率よく摂取するための代表的な手段としては、酵素サプリと酵素ドリンクが挙げられますが、酵素サプリは酵素ドリンクと比べてどんなメリット・デメリットがあるのか、それを見ていきましょう。

どこにでも持ち運べるのがメリット

酵素サプリの「必要な分だけをどこにでも手軽に持ち運べる」というメリットは、酵素ドリンクではなかなか実現できないものです。

「出張などで家を空ける日が多い」「出先で酵素を摂取したい」というニーズに対して、酵素サプリはうってつけと言えるでしょう。

ファスティングなどには使えないのがデメリット

酵素サプリのデメリットとして挙げられるのは、「酵素ドリンクのようにファスティング、つまりプチ断食に利用することができない」という点です。

酵素ドリンクの場合「ごく短期間の間、酵素ドリンクを食事代わりにする」というファスティングが可能なものもありますが、酵素サプリはドリンクのような飲みごたえがないので、ファスティングには不向きなのです。

酵素サプリの失敗談

ここで、酵素サプリ利用者の失敗談を少し見てみましょう。価格の安さだけで選んでしまった人が、その品質等について「失敗した」と感じることが多いようです。

失敗談その1

原材料の大半が、海外産のものだということを、購入後に知りました。やっぱり、安心感のある国産原料のものを選ぶべきだったと思っています。

失敗談その2

飲み始めてから何か不調が起こったわけではないですが、逆に、いい方向に対しても、何の変化もありません。これなら別に飲まなくても同じかな。

目的と続けやすさを大切に

酵素サプリと一口に言っても、その成分や特徴、価格は大きく異なります。

酵素はすぐに効果が現れるようなものではないので、自分の目的に合ったものを長く飲み続けることが大切。

ぜひ無理なく続けられそうな商品を見つけてみてくださいね。