やさしくわかる酵素の教科書HOME » 安くて効果の高い、コスパに優れる酵素サプリ&ドリンク一覧! » 酵素サプリの飲み合わせに関する注意点4つ

酵素サプリの飲み合わせに関する注意点4つ

注意

たんぱく質の一種であり、50度以上の熱を加えると変質してしまう酵素は、食事だけで必要量を摂取するのが難しい栄養です。酵素を摂るなら酵素サプリは欠かせません。

ただ、酵素サプリを利用するなら知っておきたい注意点があります。今回は、酵素サプリの飲み合わせに関する注意事項をまとめてみました。

栄養素の過剰摂取に要注意!

酵素サプリには、酵素だけでなく酵素の働きを補助するビタミンやミネラルといった栄養素も一緒に含まれている商品が多いです。ここで気をつけたいのが、栄養素の過剰摂取。「過ぎたるは及ばざるがごとし」という言葉もあるように、どれだけ体によい成分にも適切な摂取量というものがあります。

普段、食生活だけでは補いきれないビタミンやミネラルを摂取するために、「マルチビタミン」等のサプリを使っている人は多いです。サプリメントは医薬品のように体に大きな効果を与えるものではないので、それほど神経質になる必要はありません。ただ、一部の栄養素を過剰摂取した場合、過剰症を起こす可能性があるので気をつけましょう。

とくに気をつけたいのが脂溶性ビタミンの摂りすぎ

脂溶性ビタミンと呼ばれるビタミンA・D・E・Kは、すぐに体外へと排出されてしまう水溶性のビタミンCやビタミンB群と違って、一定期間体のなかに蓄積されます。つまり、過剰摂取しやすい栄養素なのです。たとえば、ビタミンAを過剰摂取すると脱毛や吐き気、骨折リスクの上昇といった症状が出ることが確認されています。

ダイエット系のサプリに要注意

いわゆるダイエット系のサプリには、脂肪や糖分の吸収を抑える成分が含まれていることが少なくありません。これらの成分を酵素サプリと一緒に摂取した場合、酵素の働きが弱まってしまうことも考えられます。飲み合わせには十分気をつけましょう。

栄養や成分にはそれぞれに相性があり、特定の成分がほかの成分の吸収を妨げてしまうこともあります。サプリメントは基本的に「足りない成分を補う」ために摂るものなので、いろいろな種類のものをたくさん摂ればよいという考えは間違いです。自分の体調や体質を見ながら、酵素サプリと飲み合わせのよいものを摂取するよう心がけましょう。

処方薬と一緒に飲むと薬の効果に影響する場合も

酵素サプリの飲み合わせを考えるうえで、一番注意してほしいのが「薬との相性」です。一般的な薬局等で購入できる風邪薬をはじめ、病院で処方される処方薬などは効果が強いぶん副作用も強く出ます。

薬に「食前」「食後」「食中」「1日何回」といった細かい飲み方の指定があるのは、それだけ効果が強いことのあらわれなのです。酵素サプリは基本的に食品から抽出した成分をまとめているものなので、薬との飲み合わせで強い影響が出るとは限りません。しかし、成分によっては薬の効果が小さくなってしまったり、逆に効果が強く出過ぎたりしてしまう可能性があるので、飲み合わせには十分な注意が必要です。

風邪を引いたときなどはなるべく薬だけを飲むようにし、酵素サプリは一時おやすみしたほうがよいでしょう。持病があって薬を常用している人などは、かかりつけの医師や公式サイト等で飲み合わせについて確認することをおすすめします。

酵素サプリは水で飲む

最後の注意点は、酵素サプリを飲むときのドリンクについてです。たとえば、グレープフルーツジュースと薬を一緒に飲むと成分の吸収が妨げられるという話は知っている人も多いでしょう。個体のサプリに比べると、液体である飲み物に含まれる栄養素や成分は体に素早く吸収されるため、飲み合わせの相性が出やすいです。

お茶、コーヒー、ジュース、牛乳といった飲み物で酵素サプリを飲むと、摂取したい酵素をうまく体に取り込めない可能性があります。とくに、酵素は熱に弱い成分です。熱々のお茶やコーヒーと一緒に生酵素のサプリを飲むとせっかくの酵素が変質してしまうため、サプリの効果が半減してしまいます。

酵素サプリはできるだけ水で飲みましょう。

注意

たんぱく質の一種であり、50度以上の熱を加えると変質してしまう酵素は、食事だけで必要量を摂取するのが難しい栄養です。酵素を摂るなら酵素サプリは欠かせません。

ただ、酵素サプリを利用するなら知っておきたい注意点があります。今回は、酵素サプリの飲み合わせに関する注意事項をまとめてみました。

栄養素の過剰摂取に要注意!

酵素サプリには、酵素だけでなく酵素の働きを補助するビタミンやミネラルといった栄養素も一緒に含まれている商品が多いです。ここで気をつけたいのが、栄養素の過剰摂取。「過ぎたるは及ばざるがごとし」という言葉もあるように、どれだけ体によい成分にも適切な摂取量というものがあります。

普段、食生活だけでは補いきれないビタミンやミネラルを摂取するために、「マルチビタミン」等のサプリを使っている人は多いです。サプリメントは医薬品のように体に大きな効果を与えるものではないので、それほど神経質になる必要はありません。ただ、一部の栄養素を過剰摂取した場合、過剰症を起こす可能性があるので気をつけましょう。

とくに気をつけたいのが脂溶性ビタミンの摂りすぎ

脂溶性ビタミンと呼ばれるビタミンA・D・E・Kは、すぐに体外へと排出されてしまう水溶性のビタミンCやビタミンB群と違って、一定期間体のなかに蓄積されます。つまり、過剰摂取しやすい栄養素なのです。たとえば、ビタミンAを過剰摂取すると脱毛や吐き気、骨折リスクの上昇といった症状が出ることが確認されています。

ダイエット系のサプリに要注意

いわゆるダイエット系のサプリには、脂肪や糖分の吸収を抑える成分が含まれていることが少なくありません。これらの成分を酵素サプリと一緒に摂取した場合、酵素の働きが弱まってしまうことも考えられます。飲み合わせには十分気をつけましょう。

栄養や成分にはそれぞれに相性があり、特定の成分がほかの成分の吸収を妨げてしまうこともあります。サプリメントは基本的に「足りない成分を補う」ために摂るものなので、いろいろな種類のものをたくさん摂ればよいという考えは間違いです。自分の体調や体質を見ながら、酵素サプリと飲み合わせのよいものを摂取するよう心がけましょう。

処方薬と一緒に飲むと薬の効果に影響する場合も

酵素サプリの飲み合わせを考えるうえで、一番注意してほしいのが「薬との相性」です。一般的な薬局等で購入できる風邪薬をはじめ、病院で処方される処方薬などは効果が強いぶん副作用も強く出ます。

薬に「食前」「食後」「食中」「1日何回」といった細かい飲み方の指定があるのは、それだけ効果が強いことのあらわれなのです。酵素サプリは基本的に食品から抽出した成分をまとめているものなので、薬との飲み合わせで強い影響が出るとは限りません。しかし、成分によっては薬の効果が小さくなってしまったり、逆に効果が強く出過ぎたりしてしまう可能性があるので、飲み合わせには十分な注意が必要です。

風邪を引いたときなどはなるべく薬だけを飲むようにし、酵素サプリは一時おやすみしたほうがよいでしょう。持病があって薬を常用している人などは、かかりつけの医師や公式サイト等で飲み合わせについて確認することをおすすめします。

酵素サプリは水で飲む

最後の注意点は、酵素サプリを飲むときのドリンクについてです。たとえば、グレープフルーツジュースと薬を一緒に飲むと成分の吸収が妨げられるという話は知っている人も多いでしょう。個体のサプリに比べると、液体である飲み物に含まれる栄養素や成分は体に素早く吸収されるため、飲み合わせの相性が出やすいです。

お茶、コーヒー、ジュース、牛乳といった飲み物で酵素サプリを飲むと、摂取したい酵素をうまく体に取り込めない可能性があります。とくに、酵素は熱に弱い成分です。熱々のお茶やコーヒーと一緒に生酵素のサプリを飲むとせっかくの酵素が変質してしまうため、サプリの効果が半減してしまいます。

酵素サプリはできるだけ水で飲みましょう。