やさしくわかる酵素の教科書HOME » 効果が評判の酵素サプリ&ドリンク一覧

効果が評判の
酵素サプリ&ドリンク一覧

このカテゴリでは、効果が評判の酵素サプリ&ドリンクの情報を特集しています。各ページで、以下の商品情報を紹介しています。
「酵素ドリンクが身体に良いことはわかっているのだけど、数ある商品の中から、どれを選べばよいのかわからない…」と迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

エナージナーゼ

エナージナーゼ商品画像

引用元:株式会社ヴァリタックスHP
(http://www.validux.co.jp/index.html)

価 格 13,020円(税込)

<配合成分>

【白カプセル】黒大豆、小麦、米糠、大麦、米胚芽、海藻、黒ゴマ、ビタミンミックス、HPMCなど
【茶カプセル】黒大豆、小麦、米糠、大豆ペプチド、海藻ミネラル、大麦、米胚芽、銀杏葉エキス、黒ゴマ、松かさエキス、HPMCなど

特徴 白と茶のカプセル2種類がセットになったサプリ。
白のカプセルは血液をサラサラにする効果、茶色のカプセルは血糖値・中性脂肪・コレステロールの低下改善効果などが期待できるそうです。
酵素は熱に弱く、通常のサプリメントやドリンクでは、加熱処理は避けて通れないのですが、100%非加熱の特許製法を実現。酵素の力を余すことなく、カプセルに詰め込まれています。その効果は、医療機関による研究データでも実証されているほどです。

口コミ

体重が80キロ以上ある肥満体でしたが、飲み始めて便通が良くなり、体調も変わりました。何より嬉しいのが、体重が数キロ減ったことです。

飲み始めると、明らかに体調が良くなり、血糖値や血圧の数値も変化しました。本当に感謝しています。

薬が嫌いで、自然のものを取り入れて健康維持をしたいと考えていました。過去に脳梗塞を発症したことがあり、再発防止も兼ねて酵素を飲み始めたところ、体が軽くて調子が良くなったと感じています。

大平酵素

太平酵素商品画像

引用元:OM-X
(http://www.om-x.co.jp/)

価 格 16,410円(税込)

<配合成分>

92種類の植物原料発酵エキス、オリゴ糖、クエン酸など

特徴 製造メーカーがある岡山県で取れる原料を中心に、92種類の植物原料と、通常の6.25倍の発酵力を持つ独自の「TH10乳酸菌」などで発酵させた商品です。
発酵には3年かけ、熟成には2年の期間を費やして、手作業で行うというこだわりぶり。発酵から熟成まで加熱処理が一切行われていない方法を用いて、作られています。乳酸菌の力で酵素の働きをサポートしてくれ、消化や代謝をアップさせ、体全体に栄養素を運んでくれます。

口コミ

繁忙期で同僚が疲れている時でも、私だけ元気!積極的に外出するようになりました。きっと大平酵素のおかげです。

もともと身体が弱く体調を崩しやすかったのですが、30歳を過ぎると体の不調を感じるように…。こちらを飲むようになってから風邪などを引きにくくなりました。

飲むと飲まないのでは、朝のスッキリ感が違います。とくに飲み会の前に酵素を取ると、体調の変化が分かりやすいですね。今では娘も一緒に飲んでいます。

万田HI酵素 分包タイプ

万田HI酵素_分包タイプ商品画像

引用元:万田酵素オンライン
(http://mandahakko.com/mh/shop/index.html)

価 格 21,600円(税込)

<配合成分>

糖類、大粒果実、穀類、かんきつ類、 小粒果実、豆・ゴマ類、根菜類、海藻類など

特徴 53種類の原材料を発酵させた「植物由来の健康食品」を提供している万田酵素。
通常は3年3ヶ月の期間をかけて、発酵と熟成させているそうですが、「万田HI酵素」は、さらに1年をかえて、合計4年以上にも及ぶ熟成期間を経た、プレミアム商品です。生命力の強いビワ、柑橘類のスダチ、桑の実がプラスされ、熟練の職人による手作業で丹精込めて作られています。

口コミ

高血圧の母と一緒に飲んでいますが、降圧剤と併用することができ、血圧が下がっただけではなく体力もつきはじめたと喜んでいます。

始めてから数週で体の調子が良くなって、元気になってきました。サンプルを紹介してくれた友人に感謝しています。

仕事が忙しくて無理をするような日があっても、万田酵素を飲んでいるおかげか、パワフルにいられます。持ち運びに便利なので、続けられそうですね。

酵素八十八選

酵素八十八選商品画像

引用元:スローヴィレッジHP
(http://shop.slow-village.jp/promotion/)

価 格 16,200円(税込)

<配合成分>

野草植物、野菜、果物、海草など88種の植物と、オリゴ糖、黒砂糖、ハチミツなどの糖類

特徴 累計出荷数は10万本以上という人気商品。
野草を中心とした88種類の植物性酵素原量に、麹菌や乳酸菌、酵母菌など31種類の有用菌をプラスして発酵熟成したものです。着色料、防腐剤、香料などを一切含まない無添加商品。陶製のかめを使って、発酵熟成に1年半をかけ、職人が手間暇かけて仕込んでいるそうです。さらに、発酵には酵素の力を引き出してくれる乳酸菌の酵母菌を使っているので、原料までこだわりたいという方におすすめですね。

口コミ

飲み始めてから、数ヶ月で便通が良くなって便秘が改善されました。また冷えの症状も軽くなって、本当に助かっています。

体重が減っただけでなく、肌の調子もかなり良くなりました。ファスティングに使用してみましたが、体調が悪くなるということもなかったです。

仕事の多忙さとストレスで体調を崩し、そんなときに酵素八十八選に出会って飲むようになりました。体調が良くなり、欝うつとしていた気持ちもなくなってスッキリ過ごせています。

素敵な酵素

素敵な酵素商品画像

引用元:素敵な酵素HP
(http://shop.sutekinakoso.com/)

価 格 16,200円(税込)

<配合成分>

糖、結晶セルロース、ブドウ糖、砂糖、ボイセンベリー濃縮果汁、ザクロ濃縮果汁、アロニア濃縮果汁、脱脂粉乳、酵母菌、酵素処理ヘスペリジン

特徴 ドリンクタイプとパウダータイプの2種類をラインナップ。
酵母菌をプラスしたことで、腸内環境を整えてくれるのだそうです。腸が活発に働けば、デトックス作用のほかにも、新陳代謝や免疫力がアップするのだとか。さらに、女性の身体をサポートする4つの果物(ポイセンベリー、ザクロ、アロニア、へスぺリジン)を配合。人工甘味料や保存料・着色料は使用せず、果物の甘さでフルーティーな味わいがあります。

口コミ

こちらのサプリを飲み始めてから、驚いたことに肌がしっとりしてきたんです!朝食置き換えも始めたら、体重も減りました。

一度ファスティングに活用しましたが、3日間で数キロ体重が減りました。リバウンドもしていません。肌の調子も良くなって、カサカサしていた肌が落ち着いています。

定期購入を始めて、飲み続けています。そのおかげか、お肌がワントーン明るくなり、化粧ノリも全然違います。ファンデーションの発色も明るくなりました。

その他のおすすめ酵素サプリ

健康にかかせない!植物酵素とは?

そもそも植物酵素って?

植物酵素とは、野菜・果実・きのこ類・野草などの自然素材から摂れる食物酵素のことです。体内酵素は食べ物を消化・吸収・代謝を行うために必要なもの。人の体は植物酵素を摂取することで、体内の酵素が補給されます。しかし、年を重ねるにつれ減りやすく、不足状態に陥ってしまいます。そこで活躍するのが植物酵素。積極的に摂取することで、食べ物を消化吸収するときに使われる体内酵素の量を抑えてくれます。それだけでなく、植物酵素に含まれているビタミン類やミネラル類のおかげで酵素の働きが活発になり、消化吸収がよりスムーズに。酵素不足が解消されるだけでなく、消化吸収の改善にも役立つ優れものなのです。

植物発酵食品(野菜や果実などの植物やエキスを発酵させた食品の一種)である万田酵素を使ったマウス実験をベースに書かれた論文では、以下のようにガンの進行や他の臓器への転移を制御したとの記述も。

「植物発酵食品万田酵素は原発巣癌に対して強い抗腫瘍効果を有しながら、肺への転移に対する制御効果も認められた(1999、愛媛大学 木村他)」

健康面において有効とされるものは、ほかにもさまざまです。例えば、アトピーの改善。植物酵素を摂り入れて消化吸収が活発になると、体内の老廃物は除去されていきます。継続して摂取すれば老廃物を溜めにくい体質へ変わり、美肌を作りながらアトピーを改善できるそうです。アトピーのほかに肌荒れ・ニキビ・敏感肌にも同様に効果を発揮すると言われているので、肌トラブルにお悩みの方は植物酵素を摂取してみてはいかがでしょうか。

ビタミンやミネラルを豊富に含んだ植物酵素なら、髪質にも良い影響を与えると言われています。健康面のみならず、美容にも一役買うのは大きな魅力です。

他の酵素との違い

1番の違いは「高い酵素力」と言えます。酵素は熱に弱く、50℃程度で効力が落ちるそうです。そのため液体や錠剤にする際の過程で熱が加わると、酵素力を失ってしまうことも。植物酵素なら非加熱処理製法なので、酵素力は極めて高いと言えます。

次に「ビタミン類やミネラル類を豊富に含む」ことがあげられます。植物酵素とよく比べられるのが「麹菌酵素」です。この2つは食べ物の消化に関わる酵素。消化・吸収のサポートや便秘改善などに効果があると言われています。どちらも「リパーゼ」「アミラーゼ」「プロテアーゼ」「ラクターゼ」「セルラーゼ」という消化酵素を含んでおり、ダイエット効果を期待して積極的に摂取している方も。

麹菌酵素は「麹菌(または麹カビ)」という微生物が出した酵素のことを言います。特徴は、酵素を多く含むこと。体内に生きた麹菌が入った場合は、麹菌が持つ酵素を使って食品を分解してくれます。麹菌が作り出す酵素は強力なため、その消化力に注目が集まっているそうです。

次に植物酵素の特徴を見てみましょう。酵素自体は麹菌と比べてやや弱く、麹菌のように活動を起こす菌もありません。ですが、植物酵素にはミネラルやビタミンなどの補酵素(生き物の育成に必須と言われている成分)が豊富に含まれています。アミノ酸が豊富なことから、体内にある代謝酵素の代謝活動をサポートする働きも。

「食べ物の消化吸収を助ける」という同じ働きを持っていても、特化した部分はそれぞれ違います。単純に酵素力のパワーで選ぶなら、麹菌酵素がおすすめ。ですが、体の代謝を高めたり足りない栄養素を補ったりする目的であれば、植物酵素が優れていると言えます。

サプリから摂取するメリット

摂取の方法はさまざまですが、おすすめはサプリ。植物酵素に限ることではありませんが、サプリの最大のメリットは必要な成分(栄養素)だけを効率よく摂り入れられることです。食事だけで十分な植物酵素を摂取するのは難しいもの。それを手軽にカバーできるのがサプリなのです。

サプリではなくドリンクという選択肢もありますが、注目ポイントは「コスパの良さ」。酵素系のドリンクは1回分で約200~600円かかります。一方サプリで摂取する場合は、ものにもよりますが1回分20~60円程度と、ドリンクにかかる費用の10分の1。これほどの差が1回ごとにでるならば、定期的に摂取していく場合、その差はすごいことに…!また酵素ドリンクには風味が独特なものが多く、苦手な人もいるそうです。サプリメントなら水と一緒に飲むだけ。飲みやすいので、毎日続けられます。

サプリメントと聞くと副作用を気にする方も多いと思いますが、原材料は野菜や果実、海藻、きのこ類などの自然素材なので心配無用。普段から口にしている食べ物とほとんど変わりません。もちろん、用法や用量を守ることは必要です。薬との併用を行う場合は医師から適切な指導を受けることも忘れずに。

携帯に便利で、かさばることなく持ち歩けるのもサプリの特徴でしょう。携帯することにより、飲み忘れを防ぐこともできます。基本的にカロリーが低いため、カロリー制限をしている人にもおすすめです。

サプリから摂取するメリットをご紹介してきましたが、それぞれに使われている原材料が全く同じということはありません。気になる場合はメーカーに問い合わせるのがおすすめ。植物酵素サプリメントをうまく活用して、健康な体づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

植物酵素のおすすめサプリをチェック≫≫

非加熱酵素をオススメするにはワケがある

酵素サプリやドリンクの場合、非加熱のものが良いと言われています。なぜなら酵素は熱に弱く、50度以上の熱を加えると働きが落ちてしまうから。きちんと働いてくれる酵素を取り入れるなら、非加熱がおすすめなんです。

非加熱酵素サプリのメリット

普通の酵素サプリやドリンクと非加熱のものでは、酵素の効果に差がでます。加熱処理をしたサプリやドリンクでは、酵素は活性を失っているものが多く、含有量が多かったとしてもきちんと働いてくれる酵素の割合が少なくなってしまっているのです。

その点、非加熱処理の酵素サプリやドリンクなら、熱によって酵素の活性が失われることがありません。いきいきとした酵素を体内に取り入れることができるでしょう。酵素サプリやドリンクの主な酵素は食物酵素。体内酵素の働きをサポートしてくれるため、健康や美容のために生活に酵素を取り入れようと考えているなら非加熱のものが断然おすすめなのです。

加熱した酵素製品が生まれるワケ

酵素ドリンクは食品衛生法で、pH値により60度以上の加熱が必要な製品が定められています。大半の酵素は活性を失ってしまう温度なので、そういった酵素ドリンクはどちらかと言えば酵素よりも他の栄養素をメインに考えて摂取するのがいいでしょう。

また、生産コストを抑えるため加熱したりサプリメントの製法的に加熱せざるをえなかったりということもあります。そのため、非加熱処理かどうかをきちんと確認することが大事なのです。

酵素の触媒作用って?

酵素は体内にある触媒と言われ、物質と物質をくっつけて反応を促したり(代謝)、切り離して別の物質に変えたり(消化分解)という働きがあります。物質は変化しても酵素自体の性質は変わりません。そうした、自身の性質を変えずに周りの物質の反応を促すものを総称して「触媒」と言うのです。

酵素の「基質特異性」とは

酵素は主に体内で作られる触媒で、決まった成分にしか反応しない「基質特異性」という性質があります。また、体内温度がいちばん元気に活動できる温度帯。加熱すると活性を失うと考えられているため、非加熱処理をおすすめしています。

酵素は糖質にしか反応しないもの、たんぱく質をアミノ酸に変えるもの、脂質を分解するもの、アルコールを分解するもの…と大きく分けてもいろいろありますがさらに細分化できます。効果を発揮しやすい環境にも酸性の胃の中の方が元気に動ける酵素や、腸内がいちばん働きやすい酵素など、本当にさまざまな種類があり、取り入れる酵素の種類を知っておくのも良いかもしれません。

酵素が足りないと代謝や消化が上手くいかず体にどんどん栄養を溜めこんでしまった結果肥満になったり、便秘やエイジング現象などが起きてくるのです。体内での生成が足りない場合は食物酵素を摂取することで補うことができます。

酵素の抗酸化作用について

酵素の中には「酸化」を抑える働きのあるものがあります。それはSuper Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)、通称SODと呼ばれる体内酵素です。強い抗酸化力を持つとされていますが、20歳ごろをピークに体内の量が減っていくため、SODが摂取できるサプリメントなどで補うと効果的。酵素サプリを選ぶときは、どんな効果のある酵素が入っているか見てみてくださいね。

人間の体は酸化するとさまざまな病を引き起こすと言われています。例えば自転車が錆びると漕ぎにくくなったり嫌な音がしたりするように、人間に体内で酸化がすすむと病気になったり不調が続いたりするのです。

酸化の原因は活性酸素。本来は細菌やウィルスを退治してくれるのですが、増えすぎるといろいろな物質にくっついて悪さを働きます。なぜくっつきたがるのかというと、物質の分子は偶数でペアになった状態で安定した形を保っているのですが、活性酸素は奇数のため不安定だから。そのため、他の物質から分子を奪い安定しようとします。活性酸素に分子が奪われると「酸化」し、自身の分子が1つ減るため不安定な状態になり機能が低下してしまうのです。

エビデンスの有無も非加熱かどうか見分けるポイント

非加熱処理かを見分けるポイントとして、エビデンス(科学的根拠)があるかどうかがあります。サプリメントやドリンクを販売しているメーカーが公開していたりパッケージに記載がされていたりするので要チェックです。

とあるサプリメントメーカーでは、科学的根拠として論文を発表しており、抗酸化・がん抑制・アルコール分解・ストレス緩和などの効果が認められたとしています。

こうしたエビデンスがきちんと提示されていると、安心してサプリメントやドリンクを購入できますね。

食物酵素は熱に弱く、また食べ物から摂取するのは手間も時間もかかってしまいます。サプリやドリンクといった手軽な方法で酵素を補ってあげることで、健康的な生活を送ることができるでしょう。

しかし、選び方を知らずに安易に手をだしてしまうとせっかくの酵素の効果を得られないまま時間もお金も失ってしまいかねません。酵素サプリを選ぶときは、非加熱処理の信頼のおけるメーカーのものを選ぶようにして下さいね。